読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

良い会社と辞めた方が良い会社とは?

f:id:miumaga:20150801123821p:plain

この会社で働き続けるべきか?やめた方が良いのか?

 

会社に勤めていてこの先、働き続けた方が良い会社、

やめた方が良い会社の最大の違いは、人材の扱い方にあると言います。

 

今日は、そんな『良い会社』と『辞めた方が良い会社』について

書いていこうと思います。

 

スポンサードリンク

 

バブル景気が終わりを告げ、その後日本の景気は悪くなる一方でした。

その日本の景気が最悪だったころ、多くの人が企業のリストラ策に苦しみました。

 

しかし、その一方で、不景気の中でも業績を伸ばして、

成長を遂げた会社もあるのも事実です。

 

 

このような会社に共通する要素はあるのでしょうか?

 

逆に、今後の成長が見込めない『辞めた方が良い会社』とは、

どのような特徴があるのでしょうか?

 

 

良い会社の研究と言うものが行われているそうで、良い会社の方程式として…

 

 

『良い会社』=『財務的業績』×『長寿』×『働き甲斐』

 

 

だそうです。

 

 

上記の式の数字の値が大きいほど良い会社と言う事になりますが、

どれかが飛躍して大きな数字でも良い企業と言えるのではないのでしょうか?

 

財務的に大きな飛躍はないが、長く事業を継続している企業も注目出来る

企業の一つではないのかと思います。

 

100年を超える『超長寿企業』などは、近代国家誕生以前に創業されながらも、

激変するこの100年余りを生き残ったという点では、

良い会社と言えるのではないのではないのでしょうか?

 

 

上記のことを考えて行くと、4つの共通点が見えてきます。

 

 

この4つが実際に行われている企業はおおむね良い会社な傾向があり、

多く存在していることも確かです。

 

 

1. 時代の変化に適応するために自らを変革させている

2. 人を尊重し、人の能力を十分に生かすような経営を行なっている

3. 長期的な視点のもと、経営が行なわれている

4. 社会の中での存在意義を意識し、社会への貢献を行なっている

 

 

残念ながら、

わたくしの会社ではどれも実践されているようには感じは見受けられません。

 

こんなことを書いていながら、やめた方が良い企業に属している管理人です…

 

 

一方で、『辞めた方が良い会社』とは、人を大切にしない傾向が強いです。

 

人件費削減から行うような会社や

無理な人事異動で社員をやめさせるよう仕向ける会社は、

人材を大切にする意識がなく悪く言えば、使い捨てのような感覚ですらいます。

 

 

人間もそうですが、企業も悪い時(業績が)にその企業の本質(本性)が現れます。

 

また、若手への権限委譲が進んでいる会社、

女性が活躍している会社などは、一般的に『良い会社』と言われているますが、

やりずぎると実は長く働きにくい環境になったりします。

 

 

また、経営者が形容詞ばかり使う会社は危ないと言われていて、

会社のトップが事業目標を語る時、

上司が仕事を指示する時やたらと形容詞を使う場合は要注意です。

 

たとえば、

 

『今年度の事業はすごく良いペースで進んでいる。』

 

『とてもいいビジネスプランが完成!』

 

などと、具体的なビジョンがなくうわべだけでモノを言っています。

そのような会社の先行きが明るいと思いますか?

 

 

ビジネスモデルを開拓ばかりをしている会社は、人材が見えていません。

 

一見ビジネスモデルを作ることに一生懸命に取り組んでいる会社は、

チャレンジ精神旺盛で勢いのある会社にみえます。

しかし、枠組みだけを作っても『具体的なコンテンツ』やそれを動かす、

『人材』にまで頭が回っていない経営者が多いのです。

 

どんなに良いビジネスモデルでも、それを運用していく人材がなければできなません。

 

 

 

 

上記を見て、あなたの会社はどうでしたでしょうか?

 

わたくしの会社ははっきり言ってできてません…

 

この記事で言うと、早々に見切りをつけて辞めた方が良いと思いますが、

守るべきものがあるのでそうはいかないのが現状だったりします。

 

 

人は人生のほとんどの時間を仕事に費やします。

 

つまり「仕事の充実」は「人生の充実」といえます。

 

私のように転職は簡単に出来るものではありませんが、

つらい仕事環境に居続けても貴重な時間を浪費するだけです。

 

あなたの目で会社をしっかりと見極めて行動できるようになれたらいいですね。