読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

食費節約の考え方とコツ

f:id:miumaga:20161003132146j:plain

目に見えて効果が出やすい節約として挙げられるのが食費の節約。しかし、一番難しいのが食費です。

 

まず考え方としては【いかに安くモノを買うのか】ではなく、【いかに食材の無駄をなくす】これにつきます。

 

スポンサードリンク

 

食材を使い切る

食費節約には、食材を無駄なくしっかり使い切ることが大切です。

よって、買い物も買い足しではなく【使い切って⇒買い物】と言うサイクルを作っていきます。どうしても買い足しが必要な場合は、在庫をしっかりとチェックして、早く使った方が良い食材から使うようにして、食材の無駄をなくします。

 

食費の節約は料理の上手い下手より、献立力があるかないかにかかっています。

この料理を作るには○○と○○が必要ではなく、○○と○○があるから今日はこの料理にしようと言うのが食費節約のカギです。

 

 

食材を正しく保存する

購入した食材をしっかりと使い切るには、その食事を最適に保存することが大切です。

買い物から帰ったらまず、冷凍が出来るものならすぐ使うもの以外冷凍してしまいましょう。肉、魚、パン、麺類以外に、野菜、キノコ類、納豆までも冷凍可能です。

冷凍できない食材として、生のまま食べる野菜、こんにゃく、豆腐、ゆでたまご、ジャガイモなどで、こうしたものは出来るだけ早く使うように献立を立てましょう。

 

一度解凍した食材は再冷凍でないので、冷凍保存する際は、小分けにして保存します。

野菜一つとっても、冷凍が良いもの、ポリ袋に入れて野菜室が良いもの、常温が良いモノなど色々あるので食材の最適な保存方法を知っておきましょう。

 

 

価格の相場を知っておく

近場のスーパーのチラシを毎日チェックして下さいとは言いませんが、ある程度の価格相場は知っておく必要はあります。まだよくわからないと言う人は、底値帳をつけてみてはいかがでしょうか?

底値帳をつけることによって、食材の妥当な価格を知ることが出来ます。

この金額であれば購入しようと言うような妥協できる価格の目安があれば、無駄に高い買い物をしなくてもすみます。

 

 

まとめ買い

食費の節約には、買い物をする機会を減らすことが大切です。

食費の予算が決まったら、ある程度まとめて食材を購入して、それらの食材を上手に保存して、上手く献立を立てればバランスよく低コストで料理が出来ます。

 

しかし、献立を立てるのが苦手な人は、まとめ買いする事で無駄になることがあるので気をつけましょう。そんな人は、3日程度の短期でまとめ買いをしてみることから始めて下さい。

 

 

お総菜などの出来合いのモノには頼らない

最近はお弁当やお惣菜、混ぜるだけですぐにできる素などが多く販売されています。

これらは時間と手間も省けますし、食べたいときにすぐに食べられるのはとても便利です。しかし、普通に食材だけを買って家で料理するのに比べて割高です。

 

ほかにも、タレやドレッシングなどの加工調味料も便利なのですが、無くても料理が成り立つモノですから、便利食材の一つと言えるでしょう。一切買わないとまではいきませんが、出来るだけ肉、魚、野菜の食材を基本となる調味料で料理する習慣をつけていきましょう。

 

このような便利な食材や調味料は、時間と手間を省くのにお金を使っていると考えていきましょう。

 

 

 

まとめると…

 

  1. 食材は使い切ってから買い物へ…
  2. 食材の正しい保存方法を知りましょう
  3. 価格の相場をしてっおきましょう
  4. 買い物の機会を減らすために、まとめ買いを…
  5. 出来合いの物には頼らない

 

これらを意識して、食費の節約にチャレンジしてみましょう。

 

happylifemoney.hateblo.jp