就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

コンビニの【おにぎり100円セール】のねらい

f:id:miumaga:20160813101153j:plain

コンビニの店頭に【おにぎり100円セール】と書かれたpopを良く見かけるようになりました。いつどのタイミングで行われるかあまり意識はしていませんが、結構な頻度で行われているような気がします。

 

調べてみると、2013年6月から2014年6月の間に10回もの【おにぎり100円セール】がおこなわれていたそうです。大体1か月に1回くらいやっている計算になりますね。

 

この手のセールは、大体売り上げ増を狙ったものが多いのです。たしかにそれもありますが、単に売り上げ増を狙うだけでないコンビニ狙いがあります。

 

 

スポンサードリンク

 

おにぎり100円セールを良く見かけるのが、コンビニ大手のセブンイレブンで、先ほどの年に10回のセールはまさにセブンイレブンで行った実績です。

 

先ほどの期間中のおにぎり100円セールの日程は以下の通りです。

 


セブン-イレブンのおにぎりセール

  • 2014年6月14日(土)~6月17日(火)【4日間限定】
  • 2014年6月5日(木)~6月8日(日)【4日間限定】
  • 2014年4月30日(水)~5月6日(火)【7日間限定】
  • 2014年4月4日(金)~4月8日(火)【5日間限定】
  • 2014年3月21日(金)~3月25日(火)【5日間限定】
  • 2013年12月6日(金)~12月10日(火)【5日間限定】
  • 2013年11月20日(水)~11月24日(日)【5日間限定】
  • 2013年9月7日(土)~9月11日(水)【5日間限定】
  • 2013年7月12日(金)~7月16日(火)【5日間限定】
  • 2013年6月15日(土)~6月19日(水)【5日間限定】

 

この期間を見てみると、ほとんどが土日や連休に合わせていることが分かります。

この理由として、来店動機の後押しが挙げられます。また、梅雨時の6月の実施目的として、梅雨時期の来店数をあげるためにとも言われています。このセールを通して、お客さんに来てもらうきっかけを作っています。

 

おにぎりが100円だから今日はおにぎりにしよう!!

 

と思う人は、少なくないはずです。

お客の立場である私たちには嬉しいこのセールですが、店側の売り上げは実際にあがっているのでしょうか?

 

当然普段の価格より安く売る訳だから、1個当たりの利益は当然減少します。その分たくさん売れるからいいのでは?と素人目線では思うのですが、店側の見解は少し違うようです。

 

実際セールに行った事がある人なら分かると思いますが、おにぎり100円と言ってはいるものの、実際は全部のおにぎりが対象ではありません。各チェーン力を入れている、【高級おにぎり】は対象外となっていることが多いのです。

 

セールの対象となるのは、定番のツナマヨ・さけ・梅干しと言った、普段から110円や120円で売られている商品です。普段からの売れ筋ではあるのですが、セールを行ってもこれらの定番は良く売れます。

もちろん、セールを狙って値引き率の高いモノを買う人もいるでしょうが、販売実績を見てみると普段のランキングとかわりません。

 

セールを実施すると、通常に比べて売り上げが1.5倍になります。コンビニ業界も厳しいと聞きますので、お店にとっては小さな値引きで大きく稼ぐことが出来るので、たくさんセールをしてほしいところです。

また、セール中は対象外の高級おにぎりの売り上げも上がるそうです。

 

先ほども書きましたが、ではたくさんセールをすれば良いじゃないか?と思いますが、そこは商売の難しいところで、頻繁にセールがあるとお客さんがお得感を得られないだろうし、年中おにぎりを食べたいとも思いません。

 

それでも、年中セールを行えばと思っているコンビニのオーナーもいるかもしれません。しかし、そうもいかないようでやろうと思ってもやれない事情もあり、法律にも定められているのです。

 

その法律は「不当景品類及び不当表示防止法」で、以下のことが定められています。


第四条  事業者は、自己の供給する商品又は役務の取引について、次の各号のいずれかに該当する表示をしてはならない。

一  商品又は役務の品質、規格その他の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示し、又は事実に相違して当該事業者と同種若しくは類似の商品若しくは役務を供給している他の事業者に係るものよりも著しく優良であると示す表示であつて、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められるもの

二  商品又は役務の価格その他の取引条件について、実際のもの又は当該事業者と同種若しくは類似の商品若しくは役務を供給している他の事業者に係るものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認される表示であつて、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められるもの

 

小難しい事が書いてますが、要するに、普段売った事実がない価格から値引き表示をすることはダメって事が書かれています。

 

 

 

「おにぎり100円セール」は、来店動機をあげるだけではない

先ほど伊握り100円セールは、お客さんの来店動機をあげるため書きましたが、それは表向きの理由で、実は競合対策もあるようです。

 

セブン-イレブンではたくさんのお金を使って、どうすればお客さんが店に来てくれるの

か?と言う事にかなりの力を入れています。「おにぎり100円セール」に限らず、さまざまなキャンペーンを仕掛けることで、お客さんを店に来店させる“習慣付け”しているのです。

 

わたしも経験がありますが、無意識にコンビニへ来ていることがないだろうか?

特に買うものがないのにもかかわらず、仕事帰りに寄っていると言う人いませんか?

 

先ほどのおにぎりですが、そう来店者のうちおにぎり購入者は2割前後だそうで、100円セールを行えばその数字は増えます。

普段はパンを購入している人が、今日はおにぎりが100円なのでお昼はおにぎりにしよう!と言う人が増えてきます。これがコンビニには重要なのです。

「パンを買う」という目的があったのに、そこで意外なことに遭遇、こうしたことを何度も経験することで、「あのコンビニに行けば、また意外なことがあるかも」という気持ちになるのです。

この気持ちが知らず知らずのうちに、自分の中に“習慣性”が育まれていくのです。

 

 

セブン-イレブンでは何度もこの「おにぎり100円セール」を展開することで、お客さんに“店に行く”という習慣性を定着させてきました。

この作戦によって、売り上げがアップした他のチェーン店を圧倒したセブン-イレブンのオーナーはホクホクです。

 

競合他社のオーナーから「うちの店でも100円セールを…」と聞こえてきそうです。

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com