就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

遺産相続で揉めないために、相続で揉めるパターンを知って対策を講じましょう。

f:id:miumaga:20161006191340j:plain

遺産相続は、法定相続人が相続する遺産の割合が法律で決められています。

 

これを 法定相続分 と言います。

 

被相続人の配偶者と2人の子供達で相続する場合、配偶者の相続は2分の一で、残りの半分を子供2人で均等に配分します。配偶者が既に死亡している場合は、子ども達が均等にその遺産を分けることとなります。

 

 

スポンサードリンク

 

第2相続人や第3相続人が被相続者の配偶者と遺産を分割する場合は、配偶者の相続分がより多くなるように認められています。第2相続人はとの分割は3分の2、第3相続人とでは4分の3となっています。

 

遺言書による指定があった場合や法定相続人全員が遺産分割協議で合意した場合は、その割合はこだわらなくても良いでしょう。しかし、法定相続人はたとえ遺言状があっても最低限相続できる権利【遺留分】が認められています。

 

  • 配偶者と子供は 法定相続分の2分の一
  • 父母や祖父母のみが想像人の場合は 3分の一
  • 兄弟・姪甥は ゼロ

 

それを踏まえたうえで今日は、相続で揉めるパターンを紹介していきたいと思います。

 

相続で揉めやすいパターンは5つあります。

 

  1. しっかりとした遺言書がない
  2. 相続する資産が平凡
  3. 相続資産の大半が不動産
  4. 相続人の誰かが親と同居していた
  5. 相続人の人数が多い

 

 

しっかりとした遺言書がない

しっかりした遺言書とは、【遺言の執行がスムーズにできるもの】です。

税制的にも法的にも不備が無くて、何をどう分けるかがハッキリしている事がしっかりとした遺言書の条件と言えましょう。

 

実家の土地と建物は長男に、○○銀行の預金のうち○○円は次男に…と言った具合に書いてあれば、その遺言書で不動産相続登記や金融資産の名義変更と言った遺産分割がスムーズに行く事でしょう。

さらに、手続きを進める遺言執行者も遺言書で指名していればさらに良いでしょう。

 

遺言書の内容は、基本的に被相続人の意思を尊重するのが大原則です。とはいえ、大まかな資産の全容を踏まえたうえでどういう相続にするのかを相続人みんなで話し合っておく方が良いでしょう。

 

この話し合いも、財産分与の話を直接するのではなく、税金対策はどうするかなどと持ち掛けた方が話しやすいかもしれません。

 

 

相続する資産が平凡

普通のお宅であればあるほど相続がこじれやすい。その一番の原因は、私たちのような普通の家庭は、日頃から税理士や信託銀行とのお付き合いがなく、相続関連の助言を受ける機会が無いからです。

その結果、必要な準備や対策をしないのでこじれるのです。

 

 

相続遺産の大半が不動産・相続人の誰かが親と同居

普通の家庭では遺産の大部分が、実家の土地や家屋が占めるケースが非常に多いです。

親族の誰かが親と同居していたり、店舗を構えていたりしたら、実家を売却して分けると言う手段をとりにくいです。かと言って、実家の評価額相当のお金を他の相続人に渡せるだけの現金は普通の家庭では困難でしょう。

 

 

相続人の数が多い

相続人の人数が多いのは何も兄弟が多いだけではありません。被相続人に前妻の子や認知した婚外子がいる場合もあります。

 

兄弟・姉妹が多い、前妻の子どもや認知した子供…

聞いただけで相続紛争になりそうなキーワードです。実際に、ドラマであるような相続紛争があるようです。

 

 

こうした相続問題で揉めないためには、被相続人はきちんとした遺言書を作成しておくことが大切です。

 

 

揉めそうなら最初から弁護士などにお任せする

遺言書の作成や執行は、信託銀行や司法書士、弁護士に依頼できます。しかし、紛争の解決は弁護士しかできないので、揉めるのが分かり切っているなら弁護士に依頼した方が良いでしょう。

作成が終わったら、公証人役場で公正証書遺言を作り保管してもらいましょう。

 

 

 

 

最後に

親の財産は相続して当たり前と思わずに、資産を残してくれたことに感謝する心を持ちましょう。親は自分の残した財産で子供たちが揉めるのは、望んでいません。

財産だけではなく、親が生きてきた中で大切にしてきた事をしっかりと受け継ぐことも相続ではないのでしょうか?

 

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com