就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

資産価値が下がりにくい家の選び方と維持管理

f:id:miumaga:20160606134350j:plain

マイホームは資産です。

 

資産家の中には、家を購入する際に自分は賃貸に住んで、購入した家を貸していると言う人もいるそうです。そうした、マイホームと言う資産を正しく資産ととらえないと、その役割を果たせないで、必要な時に働きません。

 

私もそうでしたが、家賃を支払い続けなくて済む、貸したり売ったりするのが自由などの資産としてマイホームは有効なのですが、その家の資産価値はそれだけではありません。大きな資産なので、その価値を高く維持していくことが大切です。

 

スポンサードリンク

 

家の役割と価値

そもそも家の役割がどのようなものがあるのか書いていきましょう。

価値が高い家とは、その役割能力が高い事を指します。

例をあげると…

  • 災害に強い
  • 家族構成変更に伴う設備や間取りの汎用性

 

が大切だと言われています。

マイホームを建てる時に、あまりにもこだわりが強すぎると、最初は良いがのちのち使いにくくなり、世代が変わったり賃貸に出した時に支障がきたします。

 

 

資産価値の高い家

では、上記の家の役割と価値を考えて、資産価値の高い家とはどのようなものがあるのでしょうか?

よく、実家に使いからと言う理由がありますが、それは一代限りでしかの価値はありません。ただし、子育てなどの支援を受けて、思う存分働ければ、当事者にとっては資産価値が高いと言えます。それでも、将来を考えると、一般的な価値についても同時に考えなくてはいけません。

 

地震などの災害リスクが少ない地域というものが少なからずあります。そんな地域は、それだけで最大のポイントです。日本は、まれに見る地震大国で、沿岸部は津波の被害も考えなくてはいけません。しかし、我が国の平野部と言うのは、沿岸部に集中していると言う環境もあります。

また、その地域が比較的安全でも、その建物の敷地の周辺環境もしっかりとチェックしましょう。建物の敷地が崖の上や河川の側等の場合は、安全確認が必要になります。

 

その上で、建物の構造がしっかりしていて長持ちする事は資産価値の高い家となります。また、家を長持ちさせるには、日ごろの維持管理が重要です。万が一不具合が生じても設計図などの書類がしっかり作成保管されていて、新築時やリフォーム時の工事写真が残っていれば、問題解決がしやすくなります。

 

認定長期優良住宅は、資源保護、環境保全、経済的効果などを期待して、200年使い続けられる事を目指していますが、認定されるには維持管理や書類の保管が義務付けられています。

 

立地条件が良く、だれでも住みたくなる間取りや設備を有して、記録がしっかり残っていれば、有利に物件の売却が可能になります。さらに、認定住宅であればそれを前提に付加価値を付けられて、買主が認定を継承できます。

 

 

資産価値の低い家とは?

一方で資産価値が低い家と言うのは、資産価値の高い家の反対と言えますが、すこしちがった目線で書いてみます。

 

同じ役割と価値を持った家なら、安く手に入れた方が資産価値の高い家と言う事になります。何故かと言うと、安かった分の差額が金融資産として別途維持できるからです。

また、同じ価格の家なら構造体により多く投資した方が資産価値の高い家と言えます。

 

高い豪華なシステムキッチンも、用途に合わなければ意味のない設備になります。料理の腕がある人ほどキッチンはシンプルなモノを好むものです。

用途に合わない豪華な設備を備え付けるより、建物の構造体をワンランクアップして長持ちさせた方が資産価値は高まります。建物のコスト配分は、資産価値の上で重要な要素です。

価格と間取りが同じでキッチンが豪華だと、どうしてもそっちに目が行ってしまいますが、キッチンが豪華な分目に見えない構造体の方にコストが削減されているかもしれません。

 

資産価値の高い家と言うのは、見た目の豪華さより構造体にお金がかかっている方が資産価値が高いと言えるでしょう。

 

 

安心して暮らせる地域で、堅固な構造でかつ、万人受けの良い間取りと設備で物件の図面や証明できる書類の保管をした上で、長期的に維持管理をしていかなければ、資産価値の高い家を維持していくには難しいと言えます。

 

 

資産価値の高い家づくり22の知識

資産価値の高い家づくり22の知識