読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

学資保険とは?子供の学資保険の基礎知識

f:id:miumaga:20160421212331j:plain

 

学資保険とは、教育資金の準備を目的として加入する、貯蓄型の保険の事を言います。

 

保険会社によって商品名は異なりますが、15歳、17歳、18歳、20歳、22歳などの子どもの進学時期に合わせて満期の時期を決めて、満期時に契約した教育資金を受け取ることができます。

 

 

スポンサードリンク

 

学資保険は通常、契約者=親 被保険者=子 と言う形で加入するのが一般的です。

契約者である親が死亡や高度障害となった場合には、その後の保険料の払い込みが免除され、満期には契約した教育資金の全額が受け取れます。

 

学資保険は、契約時の親と被保険者である子どもの年齢が高いほど、保険料は高くなります。子供がなくなった場合は、商品にもよりますが、保険金の満期と同等の子ども死亡保障もついているものもあります。

 

タイトルには、学資保険・こども保険と書きましたが、正式な商品種類としては【こども保険】と言うのが正しいようですが、どちらも同じものです。

 

こども保険・学資保険の種類

それでは、学資保険・こども保険(以下学資保険)には多くの商品があり、選ぶのが大変です。どの商品を選んだらよいかいくつかのポイントを書いていきますので、商品を選ぶ際の参考にしてください。

 


貯蓄型か保障型か?

学資保険には、貯蓄を優先する【貯蓄型】と、育英資金があって契約者の保障が厚めの【保障型】の2つに分けられます。どちらのタイプを選ぶにしろ、貯蓄のための保険なので、期待する貯蓄性を満たすのが重要です。それを見極めるには、満期保険金から払込保険料累計を引いた差額が大きいものの方が、貯蓄性が高い商品と言えましょう。

商品を購入する際は、複数の見積もりを取って、必ず比較する事をお勧めします。

保障型商品で契約者の保障、子供の医療特約などをつけるほど、貯蓄性は下がりますので、注意が必要です。

 

 

満期の時期

保険の満期は商品によって、15歳、17歳、18歳、20歳、22歳などがあります。

満期の基本となるのは、大学受験用の資金を中心に貯める17歳・18歳満期といえるでしょう。高校受験にも備えるのであれば、15歳満期を組み合わせるか、あるいは次項の祝金が15歳時に給付されるものを組み合わせるのもいいと思います。

 

 

祝金の有無のチェック

商品によっては、満期以外のタイミングで12歳、15歳、18歳といった中学・高校・大学の入学の時期などに合わせて祝金という給付金が出るものもあります。

 


子供の保障

子供自身の入院や手術等に備える医療保障がつけられるタイプもあります。あるいは、通常、満期保険金と同程度の子供の死亡保障が、やや厚めについている商品もありますが、その分貯蓄の割合が低くなる傾向にあります。

 

 

以上が学資保険を選ぶ際のポイントです。

つぎに学資保険のメリット・デメリットを確認していきましょう。

 

学資保険のメリット

学資保険の最大のメリットは、保険料を支払い続けることで、教育資金のベースが作れることにあります。人によっては、自主的に教育資金の貯蓄をすることがあまり得意でない人もいるので、そういう人にとっては【強制的な貯蓄】として有効な手段と言えるでしょう。

 

教育資金というものは、長期にわたって準備を行うため、家計が厳しい時期や住宅取得の時期などはどうしても、他の予算に回すことが多くなりがちです。もちろん、あとから挽回できるならのならよいのですが、実際には挽回しきれない事の方が多いと思います。

そんな時のために、学資保険は【教育専用の貯蓄】として他と明確に分けて準備ができる点も、メリットと言えると思います。

 


学資保険のデメリット

学資保険加入時に確定している運用利率がずっと適用されます。いわゆる、いわば長期固定金利商品です。

そのため、予定利率の高い時期が加入のチャンスでもあります。その反面、予定利率が低い時期は本来は加入に向かないのですが、前述のメリットを加味して検討する必要があるでしょう。

 

また、保険会社が破たんした時には、契約者の保護制度はあるものの、満期保険金や保障額などが減らされる可能性もあります。保険会社を選ぶ際は、財務格付けが「A」以上の会社を選ぶようにする事で、そのリスクを少なくすることはできます。

 

 

 

学資保険と自動積立定期との違い

学資保険は長期固定金利

自動積立定期は、例えば1年満期の定期預金に積み立てるなどで行います。定期預金は、満期を過ぎた後も自動更新などにしておけば、同じ金利タイプでまた定期預金として更新されます。

一方で、学資保険は、契約時の利率が最後まで適用される、いわば長期固定金利商品です。利率は「予定利率」といい、保険料のうち保障で消える分を差し引いた積立に回る分に適用されます。

 

契約者に万一の時には、払込免除

学資保険は、そもそもが連生保険といって、契約者と被保険者の2人の死亡保障になっています。払込期間中に契約者が亡くなると、それ以降の払い込みが免除になり、お祝い金や満期金は予定通り受け取れます。この点が、預貯金とは大きく異なる点でもあります。

 

中途解約時に解約控除

自動積立定期を満期前に中途解約しても、金利がもらえない、もしくは大きく下げられますが、元金は戻ってきます。

一方で、学資保はというと、そもそも前述のように運用に回るのは払い込んだ保険料の一部だというのもありますが、さらには、中途解約をすると、契約から一定の年数以内だと「解約控除」というペナルティが引かれる場合があり、払い込んだ保険料の累計分が戻らない事があります。

 

金融機関が破綻した時のリスク

保険商品で一番のリスクと言えば、破綻した時のリスクです。

積立定期の場合は、銀行などが破綻しても、「1000万円とその利息」の範囲であれば保護されますが、貯蓄型保険である学資保険は契約者保護制度があるので、保険会社が破綻しても保険が無効になるようなことはありませんが、貯蓄型の商品で、解約時に戻るお金を計算するベースになる「責任準備金」が、どんなに悪くても9割までは補償されるしくみになっています。

 

要するに、金融機関の破綻という不幸に見舞われたときに、自動振替定期であれば1千万以下と言うくくりはあるモノの預け金の100%保護されるものの、学資保険では破綻により本来戻る予定だった金額よりもさらに減額される可能性があるのです。

 

 

 

 

最後に、

学資保険は、預貯金と違った特徴があります。

子供が産まれて教育資金を何で貯めていくか検討する際は、しっかりと考えて整理していきましょう。