読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

超低金利時代に一般財形貯蓄のメリットはあるのか?

f:id:miumaga:20160703102958j:plain

月の給料から一定額を天引きして貯めてくれる、財形貯蓄は貯金をするのに大変よいシステムです。

 

その利率は、定期預金に多少色がついたくらいでしょうか?勤め先によって、利子が少し上がる場合も在るようです。

 

 

スポンサードリンク

 

そんな優秀と言われている財形貯蓄ですが、デメリットもあります。それは、自動的にためられると言う点が、メリットでありデメリットにもなると言う事です。

自動的にためられると言う点が、放置気味になり月にいくら位貯めているのか?現在どれくらい貯まっているのか?が分かりずらいとい点があります。

 

 

また、一般型財貯蓄と財形住宅貯蓄や財形年金貯蓄との使い分けにも注意が必要です。

財形貯蓄には目的に合わせて、【一般財形貯蓄】【財形年金貯蓄】【財形住宅貯蓄】の3種類あって、『年金』と『住宅』には両方合わせて元利合計550万以内が非課税となる優遇措置があります。

 

一般的には、使い道を制限したくないから【一般財形貯蓄】と言う人が多い事でしょうが、他の財形のように税制優遇がありません。それほど利子の高くない金利にすら税金がかかるのですから、財形にこだわる必要が薄くなります。

 

とりあえず財形住宅貯蓄で貯めておいて途中解約をしても、利子にかかる税金は過去5年分までで、6年以上ためるなら一般財形よりはるかにメリットがあります。

 

 

一方で、1週間満期や2週間満期の定期預金の方が利率が有利な事もありますし、中長期的に考えるなら、投資信託の積み立てに回してリターンを期待するという手もあります。

 

 

超低金利と言われている今だからこそ、まとまったお金を置いておく場所をよく考えておくことが大切です。

その選択肢の中に一般財形という選択肢は薄くなっていると言えるでしょう。

 

 

 

定番のマネー術と言われてきた財形貯蓄ですが、同じ財形でもこの超低金利時代では、財形の種類も考えていかなければ、メリットが薄くなると言う事を覚えておかなくてはいけませんね。

 

その本質を理解しないで、テクニックだけで行ってしまえば思わぬ損をしてしまうかもしれません。