就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

自分の身の回りにいる10人の平均年収が将来の自分の平均年収になる法則!?

f:id:miumaga:20160530205819j:plain

将来の自分の年収が、現在自分の回りにいる10人の平均年収になると言う法則があるそうです。

その法則とは、【つるみの法則】と言うそうです。

 

付き合う人によって自分の年収が決まるといいます。

つるみの法則とは、【類は友を呼ぶ】と言う事で、人は自分と似た人を引き寄せる傾向があると言われています。

 

 

スポンサードリンク

 

人は、一緒にいて心地の良い人と付き合う傾向になります。分かり易く言うと、年収300万の人が桁違いのお金を持っている人達が行くようなパーティーに参加しても、居心地悪いと一緒です。

 

正直、年収300万円の人がいきなり年収2000万円を超えるような人たちと付き合う事は難しいと思います。生活レベルや考え方が近い人達と一緒にいる方が心地よく感じて、結果同程度の年収をもらっている人を引き寄せて付き合うようになります。

それが、つるみの法則です。

 

考えが変わるから、付き合う人が変わる…

 

そう言われると、付き合う人を変えれば自分も変われると思いがちでしょうが、実際には逆です。自分が理想としている生活をしている人と付き合えばよいのかと思いがちですが、付き合う人を変えるから自分が変わるのではなく、自分が変わるから付き合う人が変わるのです。

ココが大事です。

 

自分が変わるから付き合う人が変わる!!

 

大事なので、2回言いました。

 

先ほども言ったように、人は一緒にいて心地の良い人と付き合う傾向にあります。だから、自分を変えずに付き合う人を変えても、心地よさが生まれないので、付き合いが続かないのです。

 

付き合う人を変えれば、自分も変わる 

ではなく、

自分が変われば、付き合う人も変わるです。

 

 

また、お金持ちの人は総じて明るい人が多いです。

それは、お金があるから明るいと思いがちですが、それは大きな間違いで、もともと明るいからお金持ちになっているのです。

 

現在、お金持ちの人も初めからお金持ちだったわけではありません。始めは、お金がなかった人も必ず存在します。ですが、彼らはお金がない時からもともと明るかったのです。

 

自分が幸せで明るい気持ちでいると、類は友を呼び、周りには明るい人が集まってきます。明るい人は接しやすく、様々な人と知り合い、仕事や協力を得るチャンスが生まれて、暗い人に比べるとお金持ちになる可能性が高いと言えます。

 

 

次に実際年収300万の人が年収1000万を得るにはどのような心掛けが必要か考えてみましょう。

 

現在、年収300万円の人が【年収1000万円になりたい】と言い続ても、状況が変わらないのは、こころの奥底で【今の年収でかまわない、生活が心地よい】と思っているからでしょう。

年収300万円の考え方をしているうちは、同じような年収と付き合うことになり、その結果、年収300万の生活を続けることになります。

 

年収300万円の人が、年収1000万円を目指すのであれば、【何のためにそうなりたいか?】と考えましょう。自分が送りたい理想の生活のためだとか、具体的に購入したいものでも構いません。

 

ここで大事なのは、お金は手段であって、目的ではないと言う事。年収1000万円を手に入れることが目的であってはいけません。そうでないと、どうやったらお金が増えると言う風に、お金を得る方法ばかり追い求めるようになります。

残念な事に、年収300万円の人に年収1000万円をつかみ取る方法を見つけるには無理があります。

 

年収300万円の人が年収1000万円になるには、それに見合った思考を持つ必要があります。その思考が変われば、今まで見えなかったことが見えてきますし、年収1000万円になる方法も見えてくるはずです。

 

思考を変えるには、日々の習慣を変えることが大切です。小さなことでも幸せを感じる事や明るく謙虚でいる事、見返りを求めずに最初に差し出す事などの積み重ねも大切な習慣です。

 

 

f:id:miumaga:20160530210353j:plain

富裕層の傾向として、先に出す、先に与えると言った傾向があるそうです。

お金持ちになる人は、先に与える、先に出すと言う考え方を持っています。与える考えを持っているならお金持ちになっていると言えるでしょう。

自分がお金持ちだったら寄付をすると言う人を良く聞きますが、たとえお金持ちになったとしても実際に寄付をすることはないでしょう。

お金の持ちの考え方とそうでない人とは違うのです。

 

 

アニメの一休さんでよく見る、お坊さんの托鉢ですが、お坊さんの教えでは托鉢は裕福な家ではなく、貧しい家を回ると言われています。それは、貧しい人は自分たちの生活で精一杯で人に何かを与えることをしなくなります。しかし、実際は人に与えないと言う考え方と行動が彼らを貧しくしているのです。

そこで、托鉢によってそんな彼らに与える機会を作り、貧しさから抜け出す手助けをするのが托鉢の目的なのです。このように、考え方を変える実践は、古くからおこなわれていたのです。

 

お金持ちの法則を考えると、何より自分自身の考え方がポイントだと言う事が分かります。まずは、自分の考えかたを変えて、その後に付き合う人が変わってくる。そして、結果的に豊かさが後からやってくるのです。

 

 

付き合う人によって年収が決まると冒頭に書きましたが、自分の内面を変えることで自然と付き合う人が変わって行く言うのが真相ですが、結果的には付き合う人によって年収が決まると言えるでしょう。

 

この記事で大切なのは、付き合う人を変えるのではなく、自分自身の考え方を変えると言う事を覚えておきましょう。