就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

あなたはまだ「結婚相手の年収は1000万円以上」と言って、婚活をしていますか?

f:id:miumaga:20160719203411j:plain

 

あなたは、結婚相手の希望年収はどれくらいが良いですか?と聞かれたらいくらと答えますか?

 

よく、2chなどで1000万円以上と答える女性が多いとネタになりますが、実際のところはどうなんでしょうか?

 

結婚相談所に登録している会員に上記の質問を投げかけてみると、女性会員の多くが【1000万円以上】と答えるそうです。どうやらネタではないようです。

 

さらに、【なぜ1000万円以上なのか?】と投げかけると、下記のような答えが返って来るそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

『夫の収入の全ては、家計に入れるのが当然だ!』

一昔前までは、専業主婦である妻に家計を任せて、夫は24時間戦えますか?のように働いていたなんて事が当たり前だったかもしれません。しかし、現在はそんな時代遅れな家庭とは違っています。

 

でも、いまだに婚活をしている女性たちの中には、結婚すると夫の収入はすべて自分の所に入ってくる、入れても問題ないと思っているのです。最近では、家庭に入れるのはそれぞれが折半と言う所もいますし、そもそも1000万円以上の年収のある男性が、全ての収入を妻になんてあり得ません。

 

なぜなら、1000万円以上年収があっても家計がギリギリなら別ですが、それだけの年収があれば、夫のお給料の全額を家計に入れなくても生活は成り立ちます。また、年収1000万円以上ある人達は経営者の割合が多く、そのような人たちは収入=遊ぶお金と思っていません。なので、妻に無駄遣いなどさせるつもりはないです。

まぁ、そもそも無駄遣いするような女性を妻に選びませんけどね…

 

 

『やっぱりデートは、高級レストラン!!』

中には、こんな事を言っている(ほざいている)女性もいるそうで、

年収の低い人っておいしいレストランなんか知らなさそうだし、自分はグルメなんで、デートで行くお店はこだわりたい』

と、アホな事を言っているそうです。

 

最近よくメディアで女子会と言うのを耳にしますが、その女子会で女性の皆さんは、たくさんの有名なレストランなどを利用していると思います。しかし、男性側からしてみれば、あまり興味がないんです。まして、年収1000万円以上のエリート男性ほど興味なんてありません。

 

それはどうしてかわかりますか?

 

 

そんな男性は、忙しいのです!!

 

 

エリート男性は、学歴やスキルが高かったりと仕事ができる人間なので年収が高いのです。当然、高級料理や流行りものを身につけるのが仕事ではありません。大切なクライアント等の会食に使うお店は当然知っているでしょうが、日ごろから友人や彼女等とパーッとやっている暇なんてありません。

 

むしろ、ランチは牛丼やラーメン、夜はコンビニ弁当やガストなんて人がざらにいる位です。むしろ、女子会で色々なお店に行っている女性陣の方が知っていると思います。

 

ましてや、彼女とのデートに人気の高級店を予約してなんて超絶マメな高収入男性なんて絶滅危惧種と言っていいくらいお目にかかりません。

そんな『やっぱりデートは、高級レストラン!!』なんてお花畑な事を言っているようじゃ、結婚のけの字も出来ないでしょう。

 

 

『ダサい男は無理!お金持ちは当然オシャレ!!』

年収が高いのなら、当然スーツもブランド品で身につけているモノもブランド品なんでしょう?と思っている人がほとんどです。それって年収1000万円でなく、芸能人やスポーツ選手みたいなセレブリティと勘違いしている人です。

 

もちろん、ごく一部のベンチャー企業の社長さんが、自分が会社の顔になってイケてるファッションで取り上げられる事もあります。男性のオシャレ度は、年収に比例しません。年収が低くてもオシャレさんは沢山いますし、オシャレに興味がない高収入男性もいます。よく、ユニクロが好きな高収入なひとを聞いたことがある位です。

 

 

『お金持ちは女性のエスコートが上手!!』

なぜか高収入男性が自分をエスコートをしてくれると思っている人がほとんどです。

 

年収1000万円以上の男性は、容姿に関係なく婚活市場では引く手あまたなのは事実です。男性側の立場から言うと、選り好みが出来る立場にあります。なので、当然モテようと必死に努力している訳ではなく、オシャレも意識しなければ、高級レストランに行くと言う発想もありません。

 

それどころか、俺の価値は年収と割り切っている男性が多いです。

 

だからこそ、そんな彼らをホレさせ、自分の収入を投げ打って結婚生活をしたいと思わせる相当な努力が必要でしょう。

 

 

『お金持ちと結婚したら楽が出来る!!』

女性の社会進出が当たり前になり、女性と男性は平等でなければいけないと言っている割には、最近の20代の女性は、結婚して専業主婦になりたいと言う人が多いそうです。

そして、専業主婦になるには相手の年収がそこそこなくてはいけません。その年収が1000万と言う訳です。

 

キチンと結婚している人なら分かると思いまうが、年収1000万円なきゃ専業主婦が出来ない訳ではありません。

 

男性からしてみれば、家の中でただ自分の帰りを待っているだけの妻を望んでいる訳ではありません。

妻にはいつでも輝いていてほしいのです。べつに、ブランド物や宝石で輝いていてほしいじゃありませんからね?

 

子どもや自分を大切にして、家庭を守る専業主婦がいけないのではありません。なんでもかんでも、夫の収入に頼り切って結婚がゴールと思い込んでいるような女性がいけないと言っているのです。

 

 

よく結婚相手は、一緒に苦労をしてくれる人を選びなさいと言われています。

結婚相手を相手の収入を目当てにして頼るのではなく、ふたりで苦楽をともにして生きていく事が出来る女性の方が魅力的です。

 

あなたも、年収は…と言っていないで、収入が無くても私が稼ぐわ~くらいの心構えの出来る女性を目指してみると、結婚への近道になるかもしれません。

 

 

 

 

となりの婚活女子は、今日も迷走中!

となりの婚活女子は、今日も迷走中!

 

 

 

はじめての「ネット婚活」 幸せになるための最短ルート

はじめての「ネット婚活」 幸せになるための最短ルート