読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

早い安いの外食産業、その原価の秘密は?【ファミリーレストラン編】

f:id:miumaga:20160506185707j:plain

飲食店の原価は良く3割と聞いたことがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

皆さんも良く利用しているであろう、ファミレス・ラーメン・焼肉屋さんたくさんありますが、今日は原価の秘密をご紹介して行こうと思います。

 

シリーズもので紹介します。今日は、ファミリーレストランについて書いていこうかと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

ファミリーレストラン

ファミレスと聞くとかつては『安いけど味はイマイチ』と言うイメージもありましたが、食材の保冷技術が冷凍からチルドに変わってから、料理の味が格段とあがりました。

 

最近のファミレスでは、有機農法の野菜や無添加食品の使用など味へのこだわりを追及しているチェーン店もあります。手ごろな値段で、一流店顔負けの料理とサラダやドリンクバーなどで長時間くつろげるのもファミレスの魅力とも言えます。

 

ファミレスの定義として、まずは安いということは大切だと思います。そのため、チェーン本部はそのスケール大きさを活かして、産地やメーカーからの大量仕入れで食材の原価を抑えています。

 

また、値段の安さと、どの店舗でも安定した味や品質を支えているのが、各チェーンの【セントラル・キッチン】です。多くのファミレスチェーンでは、厨房での調理らしい料理はしていないのです。手間のかかる調理のほとんどはセントラル・キッチンで調理されて各店舗にチルド配送されているのです。

 

実際の店舗では、アルバイトやパートなどが、マニュアルに従って調理できるような作業をする。こうした作業の簡素化によって、通常の飲食店で大きな出費となる料理人の人件費を大幅に削減しているのです。

 

 

セントラルキッチンとは?

チェーン展開している外食産業などで、各店舗での調理時間やコストの削減、味の統一を図るために、セントラルキッチンと言う調理施設で調理を行い、各店舗に配送するシステム。このシステムにより、各店舗での複雑な調理を不要にして、人件費の削減にも一役買っている。

 

ファミレスのコストダウンの秘密

  • チェーン店ならではのスケールを活かして、食材の大量仕入れ
  • 料理の下ごしらえをしてから、各店舗に配送するセントラルキッチンの採用
  • セルフ方式のドリンクやサラダバーで人件費を削減

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com