就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

赤字でも荷物を真面目に運ぶことで将来の利益に繋がる宅配業界

f:id:miumaga:20160502125413j:plain

荷物を出した次の日にには、日本のほとんどの地域に届けることが出来るようになった宅急便。小さな荷物なら、遠隔地でも1000円ほどで届くのも驚きです。

 

今日の儲けの秘密シリーズは、誰もが利用したことのある宅急便について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

まずは、宅急便の歴史から…

 

宅急便が誕生する前、個人でモノを送る場合は郵便局に持っていく必要がありました。しかも、受け付けてくれる荷物は6㎏までだったそうです。それ以上は、しっかり自分たちで梱包したうえで、国鉄の駅に持っていかなければならなかったそうです。

 

そんな中で、当時のヤマト運輸の社長がそれまでの業界の常識だった、【大口の荷物を一度に運んだ方が儲かる】と言う当時の考え方を払拭して、【小口の方が1㎏あたりの単価が高く、量をこなせば儲かる】と確信して始めたのが宅急便の始まりだそうです。

個人のバラバラな荷物でも、まとめる仕組みを作ることが出来れば、儲かると言う発想から生まれたのです。

 

こうして、個人の利用者をターゲットにすることで、宅配業界は飛躍的に伸びていったのです。

 

 

そんな宅配業界の大きな利益を生んでいるのは、やはり人口密集地の荷物で、まとめて集荷・配達ができるので、コストがかかりません。場合によっては、100円ほどのコストで、集荷と配達が出来る事もあるそうです。

 

ところが、遠隔地に一個だけと言った荷物を運ぶのは、利益どころか人件費やドラック輸送にかかる経費の方がかかり、大赤字になのが現状です。しかし、大手宅配業者、ヤマト運輸日本通運などに配達をたのんでも、【そこには届けられません】とは言われませんよね?

そんなことを言っていたら、利用者が増えないですよね?

あくまでも、全国ネットワークを売りに宅配業をしているのです。

 

 

宅配の荷物の配達は、離島などの一部を除いて、ほとんどがトラックで運ばれています。1人のドライバーが担当しているエリアは以外にも狭くて、こまめに回って多くの荷物を集配してスピードアップを図っているのです。集まる荷物が多くなれば、1人の受け持ちが更に小さくなって、そのスピードは増します。

 

宅配便を始めた当初は、宅配便ってなに?それ、おいしいの?】【本当に届くのか?】なども言われたそうで、全く採算が取れなかったと言います。以前までの個人の荷物は、鉄道や郵便局に出向き、厄介な手続きを踏まなければいけなかったが、宅配便はその手続きを簡単にすることで、徐々に利用者を増やしていったのです。

 

近年では、荷物の冷蔵・冷凍保存のまま運ぶサービスも当たり前になりましたが、このサービスも当初は赤字だった言います。しかし、私たちの評判が上がるにつれて、扱う荷物も増えていき、今では大きな利益になっているそうです。

 

 

また、宅配便のサービスとして時間指定配達というものがありますが、一見配達効率が悪くなりコストがかかりそうなこのサービスが無料で出来るのはどうしてなのでしょうか?

このサービスが始まった当初は、やはり顧客側も【お金がかかる】ものだと思ってい人が多かったそうです。

 

実はこのサービス、配送の効率を下げるのではなく、逆に効率を上げているそうなのです。

業者にとって配達できない荷物ほど、困るものはありません。荷物を届けて、留守の場合連絡票を入れているのですが、連絡を入れない人も少なくはないようで、何度もその人の家に行かなくてはならないケースがあったそうです。

その間も、荷物は倉庫に保管したままになっており、倉庫がふさがってしまうので困ったことにもないります。

 

そこで生まれたのが、時間指定サービスで、トラックに積み込む際に時間別にしておくことで上記のような無駄が省けると言うのです。このサービスは、利用者と業者双方にとって都合のよいシステムとなっているので、お金がかからないのです。

 

コスト増が、逆にコスト削減に一役買っているのです。

 

happylifemoney.hateblo.jp