読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

会社での電話応対あなたはキチンと出来てますか?

ビジネスマナー

f:id:miumaga:20170121214618p:plain

新入社員の電話応対で『何様ですか?』と聞く人がいるそうです。最近の新入社員の敬語の使い方がいかにひどいか分かります。

 

私からしてみればネタの様に思えますが、事実だそうです…

 

そこで今日は、電話での言葉遣いについて書いていきたいと思います。

 

あなたは会社での電話応対はきちんとできているでしょうか?

スポンサードリンク

 

【~でございます】

×「○○様でございますね」
○「○○様でいらっしゃいますね」

 

「~でございます」という言い方は、丁寧語であって尊敬語ではありません。よって、『~様でいらっしゃいますね』が正しい使い方です。

 

また、「高橋部長はいらっしゃいますか?」と聞かれたら…


×「高橋部長でございますね」
○「高橋でございますね」

 

これは私も新人の時はよく間違えていました。社外の人と話す時は、自分の上司であっても敬語は使いません。こんな時は、『役職』は省略して『高橋でございますね』と答えるのが正解です。

よく新人の電話応対を聞いていると、『~部長はいらっしゃいますか?』と言う電話で、相手につられて『~部長はいらっしゃいません』と言っている子をよく見かけます。間違いなので気をつけましょう。

 


「〇〇部長に伝えていただけますか?」という言葉では、


×「かしこまりました。山本に申し上げておきます
○「かしこまりました。山本に申し伝えておきます

 

申し上げるは使わず、申し伝えておきますと答えるのが良いでしょう。

社内で自分が上司に直接話をする時は、『申し上げます』を使用しますが、社外の人と話すときは、社内の人間である上司に対しての敬語は必要ありません。

 


自分が社外に電話をした時も、

 

×「○○様はおられますか?」
○「○○様はいらっしゃいますか?」

 

この「おられます」という言い方は、新人でなくてもよく使っている人は見かけます。

地方によっては普通に「おられる」が使用されている例もあるようですが、一般的には、敬語として使われているのは「いらっしゃいますか?」です。

 


電話がかかってきて、名指し人が休みの場合

 

×「○○は本日お休みを頂いております」
○「○○は本日休みをとっております」

 

これは私もついつい使ってしまいます。

休みを与えているのは自分の会社なので、「休みを頂いております」は、自社に対しての敬語となり相手に対してではありません。この場合は、『休みを取っております』と言うようにしましょう。

 

「○○は本日休みを取っております」がちょっと物足りないと感じるのであれば、「申し訳ございません、○○は本日休みを取っております」と一言付け加えるだけで印象は変わります。

 


相手の名前や番号を聞きたい場合


×「お名前を(お電話番号を)頂戴してもよろしいでしょうか?」
○「お名前を(お電話番号を)うかがえますでしょうか?」

 

これも新人、ベテラン関係なく使ってい人は多いのではないのでしょうか?

そもそも名前や電話番号は「頂く」ものではないので「頂戴する」はいけません。

うかがえますでしょうか?」が正しい使い方です。

 

 

 

以上の様に、新入社員だけではなく、ベテラン社員でも間違えやすい言葉はたくさんあります。これらの言葉をきちんと使っていなければ、その電話応対のせいであなたの会社自体の信用を失う時もあります。

今回紹介した言葉の使い方は、基本中の基本です。もし間違った使い方をしているのであれば、今日から直していきましょう。

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

 

はじめての人でも自信が持てる 電話応対の基本とマナー

はじめての人でも自信が持てる 電話応対の基本とマナー

 

 

 

ゼロから教えて電話応対

ゼロから教えて電話応対