読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

インフルエンザになると会社を休むのは何日くらい?

f:id:miumaga:20170212190536p:plain

インフルエンザに感染した場合、発症する前日からウイルスをまき散らしてます。かと言ってインフルエンザに発症するまでわかる訳がありませんので、発症後に仕事を何日休めばよいのかくらいは把握しましょう。

 

幼稚園や保育園などは、

 

  1. インフルエンザ発症後、熱が下がってから3日が経過している事
  2. インフルエンザ発症後、5日が経過している事


○ インフルエンザ発症→2日目に解熱 発症から5日経過している
○ インフルエンザ発症→1日目に解熱 発症から5日過ぎてから
○ インフルエンザ発症→3日目に解熱 発症から5日過ぎていても解熱から3日経過してる

 

などを満たさなければ、登園許可が下りないので注意しましょう。

 

一方で学校などは、

 

  1. インンフルエンザ発症後、熱が下がってから2日経過していること
  2. インフルエンザ発症後、5日が経過していること

 

よって、

○ インフルエンザ発症→2日目に解熱 発症から5日経過している
○ インフルエンザ発症→1日目に解熱 発症から5日過ぎてから
○ インフルエンザ発症→3日目に解熱 発症から5日過ぎていても解熱から2日経過してから

 

を満たしていなければ、登校の許可が下りません。

 

さて今回は、社会人のインフルエンザの扱いですが、法律的には休まなくてはいけないという規定はありません。しかし、キチンとした会社出勤停止の期間を設けていますのできちんと確認しましょう。

 

スポンサードリンク

 

一般企業の休む期間は7日間

インフルエンザウイルスは発症後3日~7日間ウイルスを排出していると言われています。つまり、熱が下がって会社に行っても同僚や上司にインフルエンザをうつしてしまう恐れがあります。そのため、インフルエンザ発症後7日間は休むように設定されている場合が多いです。


しかし、休む期間は会社ごとに設定されているので、5日であったり7日であったり様々ですので、インフルエンザを発症してしまったら上司にその旨を伝えて何日休むか話し合いましょう。


熱が下がったからと言って無理に出勤しても嫌がられる可能性があるので、無理は禁物です。

 


インフルエンザの感染力と感染ルート

インフルエンザの人が仕事場にいても、自分がマスクをしていれば予防できると思っている人がいます。これは大きな間違いで、マスクはインフルエンザのウイルスを防いでくれるわけではありません。


それほどインフルエンザウイルスは感染力が強く、休む期間が長い理由がここにあります。特に免疫力が弱まっているとインフルエンアにかかりやすくなる確率が跳ね上がります。そのため、自分がインフルエンザにかかると他人に迷惑をかけないように、仕事を休む必要があるのです。

 

インフルエンザの感染ルートは、飛沫感染と接触感染の二通りが主です。飛沫感染は、感染者がくしゃみや咳などで飛んだウイルスが感染源になります。接触感染は、感染者が口や鼻を触った手で接触したウイルスがうつって感染します。

 


インフルエンザが治って会社に復帰する時の注意点

先ほども書きましたが、インフルエンザで高熱が出たけど、2日で平熱に戻っからと言って油断は禁物です。熱は下がってもウイルスを排出しつつけるので、周りへの気配りが必要です。

 

また、インフルエンザ発症後7日間たって、出勤したとしても、ウイルスを排出しているかどうかは個人差があるので、迷惑にならないように万全の対策は欠かさないようにしましょう。くしゃみや咳が続いている時にはもちろん、特に症状がなくても復帰後しばらくはマスクをして仕事へ行くのがベストです。

 

 

 

冬の寒い時期はインフルエンザに限らず、様々なウイルス感染がかかりやすい時期でもあります。また年末は仕事の忙しくなる時期でもあるので、出来るだけ仕事は休みたくはありませんが、無理せず休みましょう。

 

万が一インフルエンザにかかってしまった場合は、休む期間は会社と相談し、仕事復帰後も周りに迷惑のかけないようにしっかりとした対策を講じましょう。かからないに越したことはありませんので、健康に気をつけながらこの冬を乗り越えてください。

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com