就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

コップ1杯のお湯を光熱費をかけず安く沸かす方法はどれが良いのか?

f:id:miumaga:20170313213627j:plain

寒い季節に部屋でコップ一杯の暖かい飲み物を飲みたくなるものです。

 

そんな時、コップ一杯のためにコンロでお湯を沸かすのと、電子レンジ沸かすのとではどちらが光熱費が安いのか?考えた事ありませんか?

 

最近、ティファールでもお湯を沸かす事に特化した電気ケトルも登場しました。

 

そこで、電気ケトル・電子レンジ・ガスコンロを比較して、コップ1杯沸かすための光熱費を比べてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

これは、2009年12月16日の思いっきりDONで実験を行ったそうです。

 

蛇口から出る水道水200mlが沸騰するまでの熱量を計測しました。

 

ガスコンロ(東京ガス)...0.59円

ステンレス製のやかんを使用して、ガス量とガス料金が計測できる機器にて図りました。火の強さは、はみ出さない程度の中火。

 

電子レンジ...1.44円

550Wのものを使用。エコワットと言う電気代が計測できる機器を使う。

 

電気ケトル...0.54円

レンジと同じく、エコワットを使用して計測。

 

 

ガスコンロの方も中々安いですがは、使用ガスが東京ガスさんなのでこれをプロパンガスに変えると、その限りではないかもしれません。

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

 

これを見ると、手軽に見える電子レンジが一番光熱費がかかることが分かります。

 

これは、電子レンジの構造上の問題で、加熱する対象物の内部にある水の分子に反応して熱が発するので、液体そのものを加熱するより、個体の中に水分があるものの方が得意なのです。

そのため、イモのような根菜類を加熱したい場合は、ガスコンロでゆでるよりも、電子レンジで加熱した方が早く光熱費も節約できるという訳です。しかし、ほうれん草のようにシュウ酸が強いものは、お湯でゆでる事によりシュウ酸が抜けておいしくなるので、節約にはなるが味は落ちると言う事もあります。

 

 

またコップ1杯であっても電子レンジで加熱された液体は、加熱が終わり電子レンジから取り出す際に、コップ内のお湯が傾いた瞬間に「突沸」という熱湯が噴射する危険性があります。水を沸騰するまで電子レンジで加熱した場合はコップ自体も熱くなっているため、加熱が終わったら冷めるまでしばらく待ち、その後静かに取り出すよう注意しましょう。

 

 

これはあくまでもコップ1杯(200ml)の水が沸騰するまでの光熱費を計測したため、水の量が変わったり、温める温度が違ってくると優劣も変わってきます。また利用するやかんやカップの素材によって多少の差は出てきますが、手軽に見える電子レンジで水を温めると意外と電気代はかかってしまうものなのです。

 

 

ガスがプロパンの場合は、もしかしたら電気ケトルが一番の節約になるかもしれません。最近は、こんなオシャレなケトルもあるようなのでインテリアの一部にもなるかもしれません。