就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

現在の給料よりもちょっとリッチになるための副業ってどんなものがるの?

f:id:miumaga:20160530205819j:plain

今より収入を増やしたい、将来にのために貯金をしたいと思った時に、副業と言う選択肢が誰にでもあることでしょう。

終身雇用や年功序列と言った賃金体系が崩れている現代、新たな収入源の確保のため、平日昼間は会社へ、帰宅後や休日は副業で稼ぐという人は増えてきています。

 

また、挑戦してみたい人や中々転職や起業に踏み出せない人には踏み出せないという人にも副業は注目されています。

 

スポンサードリンク

 

副業を始めるにあたっての注意事項

副業を始めるにあたってまず確認したいのが、本業である会社の就業規定を確認してみましょう。会社のブランドイメージ低下、知識や技術が競合他社へ流れる事などを危惧して、就業規定で副業の禁止を定めている会社のあります。

禁止されてはいるけどばれなければ大丈夫というのが一番危険です。万が一副業がばれて解雇処分を受けても文句は言えません。

 

さらにマイナンバー制度の導入で、住民税の税額から会社に知られるケースが増えています。会社で住民税を支払っている場合は、本業にプラスして副業収入を上乗せした住民税が税務署を通じて会社へ通知されるためばれてしまいます。


また、副業での収入が小さいとは言え、所得が20万円を超えた場合は確定申告をする必要があり、これを怠るとペナルティを受ける可能性があるので要注意です。

 

副業を始める人は、

  1. 勤務している会社の就業規定で、副業に関する規定があるかチェックする
  2. 副業での所得が年間20万円を超えた場合は確定申告をする

 

 

おススメの副業は?

実際に副業をしている人は、どんなことをしているのでしょうか?

 

パソコンを使って稼ぐ

パソコン1台とネット環境さえあれば、始める時間や作業場所を選ばず気軽に行えます。初心者に入りやすいのは、ポイントサイトやアンケートサイトなどがあり、サイトに登録後、簡単なアンケートに答えたり、広告をみるとポイントがたまり、収入を得ることが出来ます。

パソコン操作やタイピングが得意だという人は、ネット上で仕事を募集している、クラウドソーシングサイトがおススメです。


人に教えて稼ぐ

学力に自信のある人は【家庭教師】【塾講師】。スポーツやその他の楽器などの【インストラクター】などが挙げられます。この手の副業は、時給2000円以上と高額なことが多いのが魅力です。人に教えるのが好きならば、とてもおすすめな副業です。

 

特技を生かして副業

手先の器用な人や、特技や趣味を生かした副業、【イラストレータ】【POPデザイン】【賞状書法】などがあります。このような知識は、通信教育などでも専門知識を得ることが出来るので、一から学んでみても良いかもしれません。

 

ネットショップや個人輸入を始める

ネットオークションの発展で、自分の持っていたものをオークションなどで売る事は珍しくありません。また、日本でなかなか購入できない商品を輸入してネットショップなどで販売することも出来ます。これは、商品によっては、法律的に規制が厳しい場合もあり、事前に届け出が必要な場合もあります。

 

 

 

このような副業で収入の安定が図れたならば、【週末起業】をして、会社を辞めずに休日に副業で安定したビジネスを発展させていきましょう。そこで、本業よりも安定した大きな収入を得ることが出来たのならば、憧れの【独立開業】という事が開けるかもしれません。