就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

御中の意味と使い方のマナー

f:id:miumaga:20170405201515p:plain

仕事をしていると、よく郵便物に書かれている【御中】と言う文字。

御中と書いておいて』と上司に言われて、Want you と書いたと言うギャグも聞いたことがあるのではないのでしょうか?

郵便の宛先には、『様』『殿』『御中』『行』など色々ありますが、その中で『御中』とは、どのような意味なのでしょうか?

今日は、『御中』の意味とその使い方について書いてみたいともます。

 

スポンサードリンク

 

御中とはどんな意味?

御中』とは、宛名が【個人名】でない時に使う言葉です。

会社などで郵便物を送る場合は、送り先が個人でなく、会社やその部署に送る場合があります。会社関係で、誰宛におくればいいかわからない場合や、その会社の人であれば誰が開封しても問題ないものを送る際に封筒に書き込みます。

 

よく【】を『御中』に書き換えるとも言われ、それだけのものと思われがちですが、本来は官庁や会社、団体組織に返信用の封筒などを送る際に誰が開封しても良いと示す言葉なのです。

 

この御中は、ビジネスシーンでの封筒マナーの中でも最も基本的なものなので、覚えておきましょう。また、返信用の封筒の訂正として、個人あての場合は返信用の封筒の『宛』を『様』に書き換えるので気をつけましょう。

 

『御中』は、あくまでも個人あてでないものに書く言葉です。

 

 

返信用封筒をそのままにするとマナー違反です

往復用ハガキや返信用封筒などで取引先から送られてきた場合、当然取引先は自分達側の事を「○○行」と書きます。しかし、この封筒をこちら側から返信をする際にそのまま返してしまうと、失礼に当たりますので気をつけましょう。

 

もちろんこれが重大な問題になるというわけではありませんし、もらった方も、多分書き忘れたんだなくらいにしか思いませんが、ビジネス上でこれは立派なマナー違反です。基本的なマナーと言う事は、知っていて当たり前のことなので、知らないでは済まされません。

 

 

「御中」「様」「殿」「各位」の使い分け

プライベートな手紙であれば、『様』だけを使えば問題ありません。しかし、ビジネスの場では、 「御中」「様」「殿」「各位」など色々な使い分けがあります。


特に「各位」の使い方はイマイチ分かりにくいのと思いますので、この機会に正しい使い方を書いておきます。


「御中」と「様」の使い分け

「御中」は会社、官庁、学校などの組織・団体に文書を送る時に使います。

会社の部署宛に送る際は、部署の下に「御中」をつけるのがマナーです。社名や部署の下に「様」を付けてしまわないように注意しましょう。

逆に個人宛ての文書の場合は「御中」は使わずに「様」を使います。

また、「御中」と「様」を同時に使うことはできないので、いずれかを使うのが基本的なルールです。

 

取引先の会社の特定の人に文書を送る際は、株式会社◯◯ 山田太郎 様というように書きます。株式会社◯◯御中 山田太郎 様と書くと二重敬語になってしまうため、この書き方は間違いです。

 

  • 正しい ⇒株式会社◯◯ 御中
  • 間違い ⇒株式会社◯◯ 様

 

  • 正しい ⇒株式会社◯◯ △△部署 御中
  • 間違い ⇒株式会社◯◯ △△部署 様

 

 
「各位」の使い方

似たような言葉の「各位(かくい)」は「皆様」「皆様方」という意味で、複数の人に対して宛てる文書で一人ひとりを敬うために使います。

 

よく、○○クラブ 各位 と書かれた文章をよく見ますよね?

「各位」=「皆様」なので、◯◯クラブの皆様へ、という意味になります。

 

「各位」は「御中」や「様」と一緒に使うことはできないので、◯◯クラブ各位御中や◯◯クラブ各位様という使い方はしません。「各位」だけで敬称になっているので、「各位」を使う時は「様」や「御中」は使わないようにしましょう。

 

  • 正しい ⇒◯◯クラブ 各位
  • 間違い ⇒◯◯クラブ 各位様

 

  • 正しい ⇒◯◯クラブ 各位
  • 間違い ⇒◯◯クラブ 各位御中

 

  • 正しい ⇒担当各位、ご担当者各位
  • 間違い ⇒担当各位様、ご担当者様各位

 

  • 正しい ⇒関係者各位
  • 間違い ⇒関係者様各位

 


「お客様各位」はどうなるの?

先ほど「様」と「各位」は同居させないようにと書きましたが、お客様各位はどうなのでしょうか?厳密に言うと、「各位」と「様」を両方使うと二重敬語になってしまうため、使うならどちらか一方だけです。

しかし、実際に書いてみると【お客各位】と書かれると違和感を感じるので、特例として許容されているようです。そのため、お客様各位と使っても問題はありません。

厳格にルールを守りたいのであれば、【各位】だけでも良いかもしれません。

 

言葉と言うのは、日々変化していきますので、本来間違った使い方でも定着すれば正しい言葉となるのです。

 

 

「殿」と「様」の使い分け

「殿(どの)」は本来、目上の人が目下の人に使う言葉です。目上の人に当てた文章は、「様」を使います。

よく◯◯部長殿や◯◯専務殿といった使い方をすることがありますが、ビジネスでは「様」書く方が無難でしょう。

 

色々な場面で、【】は広く使われているので、迷ったら【】と書く方が間違いがありません。変に「殿」を使って、見下していると捉えられても面倒なので、「様」で統一しておいた方がよいと考えます。

 

本来、部長や専務などの役職名は敬称が含まれているため、「殿」や「様」をつけません。「様」をつけたい場合は、営業部 部長 ◯◯様というように、先に役職名を書き、名前の後に役職名を欠かずに「様」を添えるのが本来の正しい書き方です。

 

  • 正しい ⇒株式会社◯◯ 営業部 部長 △△ 様
  • 間違い ⇒株式会社◯◯ 営業部 △△部長 様 

 

 

以上のように、郵便物一つとってもマナーがたくさんあります。

御中をWant youと書いて恥をかかないために、この記事の基本的なことは社会人として覚えておいてください。

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com