就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

ビジネスメールのマナーとして文末の結び・締めの言葉が最も重要です!!

f:id:miumaga:20170616214047p:plain

パソコンの普及により電子メールのやり取りが当たり前の世の中になってきました。

このメールのやり取りで重要なのはメールマナー。件名や冒頭のあいさつだけではなく、文末の結びや締めの言葉も大切になります。

 

結びの言葉や締めの言葉は、本文の報告内容や質問内容によってかえるひつようがあります。上司に送るのものなのか、取引先に送るのかなどによってもシッカリと使い分ける必要があります。

 

今回は、そんなメールマナーの結びや締めの言葉について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

結びや締めの言葉が中途半端だと印象が悪くなる

メールの最後の言葉が中途半端だと、メール全体の印象が悪くなってしまいます。

終わりよければすべてよし】にあるように、物事の最後は印象に残るものです。

特にビジネスメールの場合は、文末や締めの言葉をしっかりと書き込み、悪い印象を与えないようにしましょう。

 

また、ビジネスの場では仕事のお願いなどをメールするケースは多々あります。

そんなケースでは、メールの末尾に『よろしくお願いいたします』と書きがちですが、すでにお願いをしているので避けましょう。

 

ビジネスメールは、【挨拶】で始まり、【あいさつ】で終わらせるのが基本です。

たとえ仲の良い同僚や上司であっても、ビジネスメールを送る際は印象を良くするために、締め・結びの言葉を入れるようにしましょう。

 

それでは、例をあげてみます。

 

返事を要求する文末の結びの言葉・締めの言葉

  • ご返事お待ちしております 
  • お手数ですが、ご返事いただければ幸いです 
  • ご多忙のところ恐縮ですが、ご返答いただければ幸いです 
  • それでは、ご回答をお待ちしております

 

メールの文末で返信不要・内容確認の旨だけ伝えたい場合

  • なお、ご返信は不要です 
  • ご確認いただければ、ご返信は無用です 
  • 特に問題がなければ、ご返信にはおよびません 
  • 何か不都合がありましたら、お知らせくださいませ

 

 

この場合は、末尾を長々と書く必要はありません。社内などでのメールのやり取りで、返信扶養や内容確認の旨を伝えたいときはこれらの締めの言葉が役に立ちます。

 

一言だけで済むビジネスメールの文末

  • 取り急ぎ、ご報告まで 
  • 取り急ぎ、お礼の方々ご報告まで 
  • まずは、お礼申し上げます

 

資料やメールの情報を受け取った場合など、一言だけで済む要件の場合は、上記のような締めの言葉が良いでしょう。

 

ビジネスメールの文末は、メールの印象を左右する大切な言葉です。

時にはお断りやお詫びの内容も書くこともあるでしょう。そんな時でも、文末や末尾の終わり方ひとつで相手の印象は良くもなり悪くもなります。


メールのマナーとして、最初と最後の挨拶やお礼を入れるクセをつけておくようにしましょう。