就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

お小遣いを減らさなくても、節約は出来る方法とは!?

f:id:miumaga:20170715132902j:plain

家計の節約を考える時にお小遣いにメスが入りがちになります。

世のお父さんたちも自覚があるのではないのでしょうか?

 

そんなお父さん方に朗報です。

お小遣いを減らすどころか、アップするとお金が貯まる方法があるとしたらあなたはどうしますか?

 

何だか夢のような話ですが、考え方を変えるだけで節約とお小遣いアップが同時にできるかもしれません。少し頭を使いますが、お小遣いアップがかかっているのなら頑張る気になるはずです。

節約や貯金の基本は、 自分がなるべく痛みを伴わない事。

タバコやお酒が楽しみなら無理に削減しなくても良いです。

まずは、あなたが何にお金を使ったら満足できるか真剣に考えてみてください。そこがハッキリ見えてくると、衝動買いがなくなり無駄に使っていたお金を減らすことできるはずです。

 

また、お小遣いを増やす=自分が主導権を持って使えるお金を増やすことによって、お金に対する価値基準がハッキリします。

スポンサードリンク

 

家計簿はつけるだけで満足してしまいがち

家計簿をつけて家計の把握をとよく言いますが、実際には書いただけで満足し、やってるつもりになることも多いようです。

 

そんなあなたは、いつもニコニコ現金管をお勧めします。

 

やり方としては、給料日に1ヶ月分の振り込まれた金額全てをおろします。

光熱費などの引き落とし分がある場合は、その分だけ残しておきましょう。残りの現金で、その月のやりくりをしましょう。決してクレジットカードや電子マネーの支払いはせずに、その月は現金で過ごすのです。

 

初日にそれなりにあったお札たちが日がたつにつれてドンドンと減っていくのが目に見えて分かります。もっと管理しやすくするには、各項目ごとを封筒分けするやり方で行い、レシートや領収書を全て項目ごとの封筒に入れておきましょう。

給料日の前の日に各項目ごとにチェックをすれば、自分達がどの項目で無駄使いをする傾向にあるかハッキリと分かります。

 

手元のお金が減っていくのを日々確認していくと、お金のありがたみが肌感じることが出来ます。日々の支払いで目の前のお金が減っていくので、お金を大切に使う意識が湧いてくるのです。

 

 

お得感があるまとめ買いは止めましょう

1個当たりの単価が安くなる「まとめ買い」ですが、同じものをまとめて買うことでトータル的にお得になります。しかし、結果的には消費量が増えてしまい節約にならないことが多いものです。

ビールや飲料水などが良い例です。

家にストックがあるからこそ「もう一本!」「ご褒美にもう一個」などとなってしまいます。このような嗜好品は、身体が必要ないとサインを出しても、脳がそれを許してくれません。そんな時に買い置きがあれば...お代わりをしてしまいますよね?

 

 

ストレスになるような節約は必ず長続きはしません。

条件はありますが、お小遣いをあげることで逆に節約になることもあるのです。

あらかじめ、自分は何にお金を使うと満足できるかを真剣に考えた上でなくてはいけませんが、自分の主導権を持ったお金を得る事でお金の価値基準がハッキリして結果的に無駄使いがなくなります。

 

あえて生活の質もあげる事で、結果的に節約になったという家庭もあるのです。

 

洋服や靴は高いものを買うことで長持ちして買う回数が減った。

有機野菜に切り替えたら、外食の回数が減った。

 

などの声もあるほどです。

 

最初は真剣にお金の使い方について頭を使わなければいけませんが、いざ実践すると他の節約術よりも努力せず、我慢しないお金の貯め方になっていることでしょう。