就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

履歴書の志望動機を書く前に準備すべき事

f:id:miumaga:20170720123053p:plain

就職・転職活動どちらにも言えることですが、ほぼ全てにおいて履歴書に志望動機を書くことになります。履歴書の中でも最も書くことを考えなければいけないのも志望動機です。

 

採用担当者もその道のプロです。どこかの書籍などから引用したような志望動機では、すぐにわかってしまいます。そんな履歴書を見ると、この人は滑り止程度しか考えていないのだろうと判断します。

担当者もこれから一緒に働いていく人を採用するのですから、自分達の会社に入りたくて仕方がない人を選ぶのは当たり前な心理です。

スポンサードリンク

 

履歴書の志望動機を書く前に準備すべき事

志望動機を書く前に、自分はなぜこの会社を選んだのか?その理由をリストアップしていきます。次に、自分が学校や前職で学んだ内容や頑張った事や成果を照らし合わせてマッチさせていきます。

志望動機は、採用担当者が応募者を見極めるために一番よく見る部分なので、あらかじめ考えておかないと書けるものではありません。

 


志望動機を作るときは業界・企業研究が大事!

就職活動をしている学生さんにとって、業界研究や企業研究は志望動機を考えるうえで必要なことです。どんな理由があるにせよ、採用されるためにはその会社についてよくしておかなくてはいけません。

 

新卒向けの就職活動だと、提出したエントリーシートは最終面接まで使われますし、面接の質問は履歴書に書かれたもが基本となります。その際に、志望動機がその業界や企業にあっていないと、本気で働きたいのか?と思われます。

職歴がない学生さんだからこそ、履歴書の時点で筋を通した志望動機にしておきたいとことです。

 

OB・OG訪問ができるのは新卒就活の特権!

実際に働いているOB・OGを訪問できるのは、新卒の特権です。実際にその職場の生の声を聴けるのですから、職場の雰囲気も目で確かめられて、志望動機も固めやすくなり案す。

 

だからと言って、先輩方が楽しそうに働いていたから志望したと書いてもはねられるだけです。ほかの志望動機に加えて、OB・OG訪問について書いていくと本気度をかんじとってもらえやすくなります。

 

 

自己分析もしっかりとしておきましょう!

学校でもこのブログでもさんざん書いてきましたが、志望動機を書く前に自己分析をしっかりしておきましょう。

 

自己分析をしていると、

自分の長所を活せるからこの会社に入りたい

こういう業界に興味があるから、この企業で働きたい】と思えるようになります。

 

こうして、自分の長所を企業が求めている人材に寄せていくのも志望動機の1つの手段ともいえます。

 

 

以上のように、志望動機はシッカリと準備をしなければよいことなど書けません。

付け焼刃ではいけないのです。

就職・転職活動中のあなたもシッカリと自分を見つめなおし落とされない履歴書を書けるようにしましょう。

 

採用担当者が履歴書の志望動機を見るポイントもあるそうですが、長くなりそうなので次の機会に書いていきましょう。

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com