就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

お金が貯まる人は部屋がきれい!?

f:id:miumaga:20170801205556j:plain

その人の預金通帳を見なくても、お金が貯まる人と貯められない人を見分けられます。

 

それは【お部屋】です。お金が貯まる人はものが少なく綺麗に整頓されている傾向にあります。逆に、貯められない人は者がゴチャゴチャあふれて、掃除も行き届いてない人が多いそうです。

 

言われてみれば、お金持ちの自宅は、汚れいているイメージはありませんよね?

スポンサードリンク

 

どうしてお金が貯まる人の部屋はキレイなのか?

その人の部屋を見れば、将来もわかるといわれるほど、生活の基本である部屋はその人を映し出す鏡です。綺麗に片付いた部屋は、その人に力を与えて前向きな気持ちにしてくれます。一方で、汚い部屋は早く帰ろうという気持ちになれず、家に帰っても気力がわきません。

たしかに、仕事から帰ってきて部屋が汚かったら、ブルーになりますね。

 

 

お金が貯まる人は「仕組み作り」が上手

部屋がきれいと言う事は、モノが収まるところに収まっている証拠。部屋が片付いていると言う事は、モノの置く場所が決まっていて、キチンと元に戻すという仕組みができているから。お金が溜まる人は、これができている人が多いのです。

 

これをお金にたとえたら、お金を確実に貯める仕組みを作っている。たとえば、毎月の給料から先取りする貯金の積立貯金。この手続きを1度してしまえば、自動的にお金が貯まりますから、最も有効な貯蓄方法です。

 

いくら有能な積立でも、お金の貯まらない人はいます。(それは私です…)

これは仕組み作りの脇が甘いから。貯めるお金は、1年以内の臨時支出に備える予備費と、結婚や住宅購入などに備える貯蓄に分けてためておきます。これを分けておかないと、貯めた気持ちになっているのに残高が増えずに、その結果モチベーションが下がってしまいます。

 

更に有効なのは、社内預金や在家貯蓄など、引き出すのに手間がかかるものに預けるのもお金が貯まる人はやっています。積立預金は、普通預金との総合口座にしないなどの簡単に引き出せない仕組みを意識的に作って確実にお金をためているのです。

 

 

意識しなくても日常を管理することが習慣になっている

モノを片付けるルーティーンができると、それが当たり前になってきます。

仕組みができてそれが当たり前になると、片付けと言う面倒な事が、歯を磨いたり顔を洗ったりするのと同じで負担が感じなくなります。

 

お金も同じで、貯められない人が貯めるように考えると、慣れない節約術を実行しようとしたり、細かく家計簿をつけて頑張りすぎたりします。しかし、これでは長続きはしません。以外にも、予算を決めてその範囲でやりくりできればお金の管理はOKなのです。ただし、これもその予算しかお財布にお金を入れておかないなどの仕組みは作らなければいけません。

 

 

ちなみによく言われるのが、財布の中身。財布の中が、レシートでいっぱいだったり、ポイントカードでパンパンの太っちょ財布のになっている人を良く見かけます。

そんな財布では、お金がオクラくらい残っているのか把握でしません。

私もだまされたと思って、財布の整理をしてすっきりさせたら、お金の減るスピードが減ったような気がします。今まで、キッチリ給料日まで使っていたのが、だんだんと繰越金が出るようになりました。

 

 

ムダ遣いをしないからモノが少ない

子どもが生まれてから、モノがあふれてしまい少し断捨離をしたいなと思う今日この頃です。部屋が片付いているかは、部屋の広さとモノの量のバランスで決まります。広い部屋でもモノが多ければ雑然としますし、狭い部屋でもモノが少なければさっぱりとした部屋になるものです。

 

お金の貯まりやすい人は、予算をきちんとできているので、無駄なものは買いません。

しかも、モノを購入しようとしても、部屋にその置く場所がなければ、買わないか、何かを処分して必要な場所を確保します。そうすると、自分には何が必要で、何が不要なのかを日々考える必要があるので、衝動買いと言う事はしません。部屋の広さや収納量に対してモノの量が適正であれば、部屋は常にきれいに片づけておくことができるのです。

 

 

最後に。。。


お金が貯まりやす人は、このように部屋がきれいであることが多いのです。

お金が貯まらない人は、まずはお金の事だけではなく、部屋の見直しと暮らし方の見直しを始めてみませんか?

この記事を読んだという事は、あなたはお金を貯めたいはずです。

お部屋のハードルが高い人は、まずは手元にある財布から整理整頓をしてみてはいかがでしょうか?