就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

そもそも【断捨離】意味をあなたは知っていますか?

f:id:miumaga:20170802205409j:plain

最近、断捨離という言葉が出てきて、新しい片づけ術みたいに思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

 

本来の意味は、モノへの執着を捨てることが最大のコンセプトで、身の周りをきれいにするだけではなく、心もストレスから解放されてスッキリする目的もあります。

 

モノをため込む人の特徴として、【とりあえずとっておく】【とりあえずしまっておく】などの【とりあえず~】多く、つい余計なものをため込んでしまいます。

 

この記事を読んで、思い切ってモノを手放すことで、快適な生活を取り戻してみませんか?

 

断捨離を実践した人は、

  • 捨てられないと思っていたものが捨てれるようになった
  • 片付けられない原因がわかった
  • 仕事や他人との関係性も見直すことができた
  • 自分軸をもっと大切にする生き方ができるようになった
  • ストレスが減って気持ちが楽になった

と言っています。


今日はそんな断捨離について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

モノをただ捨てるだけが断捨離ではない

2010年には流行語大賞にもノミネートされた【断捨離】ですが、この言葉を聞くとわたしは、次から次へとモノを捨てるというイメージが湧きます。

 

しかし、本来の意味を紐解いていくと…

 

  • 「断」=入ってくる不要なモノを断つ
  • 「捨」=不要なモノを捨てる
  • 「離」=モノへの執着から離れる

 

と言う隠された意味があります。

 

捨てると言っても、モノが増えたから捨てるというのではなく、自分にとって【本当に必要なもの】を見つめなおすという事が断捨離なのです。

 

モノがあふれてきたので【捨てる】【かたずける】と言った後ろ向きな行動ではなく、モノへの執着心をなくし、余計なものを増やさないことで、身軽で快適な人生を取り戻そうと言う考え方なのです。

 

 

分かりやすい断捨離で整理収納!

モノにあふれて暮らしていて、突然モノの執着から離れるのは、すぐにできるものではありません。しかし、いくつかのポイントを押さえれば、断捨離は今すぐに実行できます。

 

ポイントは、【出す】【仕分ける】【捨てる】【しまう】の4つです。

 

出す

全体を把握するために、とりあえずすべて出して、仕分けをしやすくします。

仕分ける

【使っているもの】【今後る使わないと思われるもの】【預けるもの】【プレゼントできるもの】【思い出のもの】とハッキリとした基準で仕分けましょう。どの分類にも分けられないときは、【わからないもの】に仕分けて再度確認してみましょう。

捨てる

今後使わないと思われるもの】はガラクタと考えて、サクッと捨てます。それによってできたスペースをどう使うか【しまう】につなげていきます。

しまう

必要だと決めたものに収納スペースを確保します。種類ごとに収納していきます。思い出のものは、箱にしまったり、飾ってもいいかもしれませんね。

 

 

以上のように、スッキリと整理整頓ができたら、以前よりも気持ちよく生活ができるはずです。あとは、これを維持してリバウンドをしないようにしましょう。

 

 

断捨離のリバウンド

自分の身の周りのものあが整理整頓されて、スッキリとした気持ちで仕事や勉強に取り組めることでしょう。しかし、気を付けてほしいのがリバウンドです。

 

キチンと整理整頓をしたはずなのに、いつの間にか部屋にモノがあふれかえっていたという経験は私だけではないはず。そんリバウンドを防ぐためには、毎週決まった時間に片づけをするなど、自分なりのルールを決めて気張らずにやることが大切です。

 

 

それでも、どうしてもリバウンドをしてしまう人は、整理収納アドバイザーと言う資格があるようなので、整理整頓のプロを目指すのもありかもしれません。

資格を目指せば、自分の勉強だけではなく、人にも教えることができるのでより心に余裕のある生活ができるかもしれません。

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com