就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

あなたの持ち家どうする?

f:id:miumaga:20170815094827j:plain

50代は人生の折り返し地点。子ども達の手が離れ、自分の為や夫婦のために今後のセカンドライフを立てて、実行に移す準備をする時期です。

 

ここで、生活の拠点ともいえる住まいをどうするかが重要になります。

スポンサードリンク

 

かつては夢のマイホームが、住まいのゴールのように言われてきまいたが、庭付き一戸建てはあくまでも子育てに適した住まいであって、必ずしも老夫婦に適しているとは言い切れません。体力の衰えからコンパクトな使い勝手を考えれば、現在の住まいが必ずしも適しているとは言い難いのです。

 

50代の今のうちから、しっかりと老後の住まいを考えておきたいものです。

 

 

子どもの教育や会社から解放されると、今後の住まいの選択肢は大幅に広がります。

慣れ親しんだ今の住まいに住み続けるだけではなく、利便性の高い都心や駅前に移り住んだり、自然豊かな田舎暮らしを始めたり、最近では海外へ移住と言った色々な可能性があると言えます。

 

また、人生も終盤に差し掛かってくると、健康上の問題から再度住まい選びをする必要性が出てきます。自宅に住むなら、介護を考えた住まいを、介護施設に移るなら入居時の一定額の資金があるのか?と言う確認が必要です。

 

現在の家に住み続けるにしても、リフォームや建て替え必要ですし住み替えるにしても、新居の購入や自宅の売却をなどが必要になってきます。自宅を貸すなら、不動産収入を得ることになります。

 

貯蓄額が少なく、資産のほとんどが不動産と言う人は、自分の住んでいる地域の住宅相場を専門家に査定してもらうなどして自分の不動産の資産価値を早めに確認しておきましょう。

 

ここで漠然と【いずれは子ども達に…】と考えて、せっかくの資産を有効に活用できないまま終わってしまう事だけは避けましょう。

 

【住まいの事は定年後ゆっくりと…】と考える人も多いようですが、実は収入が多くなる50代こそ、一番お金がかかる住まいについて様々な可能性を考える必要があるのです。

 

住まいのニーズは子どもの独立から夫婦中心の生活でがらりと変わります。

このセカンドライフの拠点をどうするかによって、あなたの第2の人生が大きくかわることになるのです。

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com