就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

リフォームか建て替えか?迷った時の考え方。

f:id:miumaga:20170815104406j:plain

住宅には、補修や取り換えのサイクルがあります。

 

適切な時期に補修や取り換えをしておかないと、住まいの機能が低下して生活に支障をきたすことがあります。屋根や外壁の修理を怠って雨漏りなどで、構造自体の弱体化をしてしまうケースもあります。

 

セカンドライフも今の住まいへと考えたあなたは、最低でも今の住まいの機能を維持するための何らかの補修が必要です。そして、せっかく補修をするのであれば、生活がもっと快適になる様に暮らしに合わせてレベルアップしましょう。

スポンサードリンク

 

リフォームや建て替えには、住まいの機能維持だけではなく、夫婦が快適に暮らせるために、間取りを変更したり家事を助ける最新設備を設置する事などで生活を向上させるという効果もあります。

 

また、耐震や防犯機能を向上させたり、将来の高齢化に備えた改修をしたりと計画的に考えれば、経済的にも時間的にも効率的です。多くの費用がかかることですので、早いうちからの計画が必要です。

 

 

マンションの場合は、リフォームか住み替えの2択ですが、戸建ての場合は更に建て替えと言う選択肢が増えます。建物を建て替えて2世帯住宅にするか、リフォームをするのか選択ができます。

 

建て替えの場合は、既存の住宅を取り壊すので、撤去費用や住宅完成までの仮住まい費用をプラスして考えなければいけません。そこを考えると、多くの人は住みながらリフォームを検討することになるでしょう。

 

しかし、リフォームが良いのか建て替えが良いのかその住宅の状態によって変わってくるので、判断が難しいと思います。ここで、リフォームか建て替えかで迷った時の考え方をまとめてみましたので参考にしてみてください。

 

リフォームが適している

  • 建築してから年数がそれほど経っていない
  • 修繕が設備関係のみ
  • 外壁や内装、屋根のみの補修
  • 緊急で補修したい場所があるが数年後に売却予定
  • 緊急で補修したい場所があるが建て替え費用が工面できない
  • 住宅ローンの残高が多く、新たな借り入れが困難
  • 法改正などにより、新築当時より小さな家しか建てられない
  • 今の住まいに愛着がありできるだけ長く住みたい

 

建て替えを検討

  • 希望するリフォームを行うと建て替えより費用がかかる
  • 2世帯住宅にする、減築をするなどの大掛かりな改修になる
  • 建物の老朽化が進み基礎からの補修や改修が必要
  • 建物自体の配置から見直したい

 

 

また、一部の補修の予定だったとしても、中を開けてシロアリなどの被害で基礎が腐っているなどで建て替えるのと変わらない金額になることもあります。白アリなどは、リフォーム前にあらかじめチェックしてもらう事をお勧めします。

 

どちらの判断にしろ、専門業者に相談して見積もりをもらい、ローンのことなどの判断材料がそろってから最終決断をするようにしましょう。

 

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com