就職や転職活動に役に立つブログ

就職、転職活動を中心にビジネスやマネーに関する事を書いて行きたいと思います。

定年までに夫婦で考えておくお金のこと

f:id:miumaga:20170930213201j:plain

人生も50歳を過ぎてくると、老後の事が段々と考えるようになります。

年金はいくらくらいもらえるのか?貯金はどれくらい貯めればよいのか?などの不安がどんどん出てきます。豊かな老後を迎えるための大前提は、【必要なお金の把握】から始まります。

 

子どもが手を離れ、夫婦二人の時間が増えてくる50代ですが、お互いの定年までに夫婦でよく話し合い、夫婦で豊かな老後を暮らしていくために、早いうちから老後の事のお金の事を考えておくことが必要です。

 

スポンサードリンク

 

借金は定年前に無くす

借金を減らして現金を増やすのは老後の準備の基本です。

最近、住宅ローンは70歳まで組めますが、年金で1か月10万以上のローンを払っていたら生活はできません。ですから、遅くても65歳までは住宅ローンを完済することをお勧めします。できれば50代のうちに返せるのであれば、多少の現金が無くなっても完済したほうが良いと思います。

 

ほとんどの家庭では子供が離れて行き教育費も浮きますので、住宅ローンを完済したのであれば、あとは貯める一方です。月に10万~20万くらい貯蓄ができるようになります。

 

仮に50歳から60歳まで、月に10万~20万円をためていくと、1200万~2400万くらい溜まる計算になります。以前書いた老後の資金の話の通りにいくと、十分な貯蓄額になるかと思います。

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

しかも、65歳まで働けて貯蓄できるのであれば、あなたの老後は十分勝ち組になることでしょう。

 

 

そのためにも、住宅ローンは積極的に繰り上げ返済をしておくべきでしょう。

目の前に使えるお金が100万あっても消費や投資に使うのではなく、繰り上げ返済をしたら利息が100万円減る場合もあります。つまり100万円の返済が200万円になることを考えると、投資よりリターンが大きいかもしれません。

 

ですから、定年までに夫婦で話あうべき事は、いかに早い段階で借金をなくすかを話し合いましょう。その時には、細かいことまで話し合う必要はなく、大まかな方針だけ話し合うとよいでしょう。

元々違う人間ですし、性別差もあるので、意見が完全に一致するなんてことはありません。細かく話せば話すほど、溝が深まるだけなので、老後の夫婦円満なんて夢のまた夢になってしまいます。

 

夫婦の話し合いは、意見を合わせるのではなく、一緒にやろうと言う意思が大切なのです。

 

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com