就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

離婚した時、住宅ローンが残っていたら?

f:id:miumaga:20171011210651j:plain

結婚している夫婦なら一度や二度くらいこの単語が頭をよぎった人も少なくないでしょう。

 

離婚となると、結婚後に築いた資産を財産分与という形で分け合うことになりますが、その際に、大きな問題となるのが住宅ローンです。この問題で男性が窮地に立たされることも少なくありません。

 

住宅ローンは、自宅の資産価値よりローンの残高が少ない場合の【アンダーローン】と資産価値よりローン残高の方が多い【オーバーローン】に分けられます。

スポンサードリンク

 

アンダーローンなら、自宅を売却してローンを返済して残ったお金を財産分与に宛てれば問題はありませんが、逆のオーバーローンになると大変です。自宅を売ってもローンを返済しきれませんから、足りないお金は用意しなければ売却できません。

 

多く夫婦は、子どもの生活環境を変えたくないなどの理由から、妻と子供が自宅に住み続けることが多いですが、ローンは夫名義で離婚後も夫が返済しているケースも多々あります。妻側が専業主婦ならば、ローン名義を夫から妻へ変更するのは困難です。

 

この場合は、夫は自分が新たに住む家の家賃を払いながら、別れた妻のために住宅ローンを支払い続けるわけですから、経済的にも精神的にもつらいことがうかがえます。

 

一方で妻側は返済が滞ると生活に支障が出ますから、離婚時に公正証書を作成して、返済が滞った場合に給与や資産を差し押さえると言う取り決めをするケースもあるようです。そうなると、夫は逃げることもできませんし、万が一の場合には勤務先に事情が知られることにもなります。

 

 

最近のケースでは、妻の実家の近くで家を買ったものの離婚してしまうケースが多いそうです。その場合は、妻は子どもを連れて実家に帰り、残った家には夫が住むことになります。妻の実家が近いので、バッタリと出くわすのが嫌で外出をしなくなったと言う人もいるようです。

 

あまりの辛さに、オーバーローンにもかかわらず、ローンの過不足分を高利のローンで借りて売却に踏み切る人もいるほどです。

 

ローンが残った状態で売却する【任意売却】という方法もありますが、金融機関の承諾も必要ですし、残ったローンは返し続けなければいけませんしブラックリストにも載ります。

 

では、こういった事態に陥らないためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

 

危険なのは、オーバーローンですから、住宅ローンがどれくらい残っているのか?自宅はどれくらいで売却できるのか?を周辺相場から探ってみてください。

オーバーローンならば、繰り上げ返済をしてローンを減らしたり、貯蓄を増やしたりすることが大切です。

 

もしこれから住宅を買おうと考えている夫婦ならば、いざという時のために頭金を2~3割ほど用意して、借入金額を減らすのが理想です。

 

 

それでも、窮地に追い込まれることはありますので、思いつめたり悲しい決断をするのではなく、専門家にきちんと相談しましょう。債務整理などの方法はあるはずですから、一人で背負わずに相談しましょう。

 

そもそもは、離婚をしなければこのような問題は起きないわけですから、夫婦円満をキープする努力は怠らないようにしましょう。離婚時に、DVや浮気などの明らかな離婚事由がこちらにあると窮地に立たされる確率は高いでしょう。

 

熟年離婚にあるように、妻から離婚を切り出されて青天の霹靂と言う人も少なくないので、円満だと思っているのは自分だけということのないように、気を付けてください。