就活や転職活動の際に役に立つかもしれないブログ

働くために役に立ちそうな事やお金に関する事を日々書いていこうと思います。

スポンサードリンク

あなたは大丈夫ですか?意外と間違えて使っている日本語

f:id:miumaga:20171012201202p:plain

仕事に限らず私生活でも大切なのは、コミュニケーション力です。話題の豊富さや社交性の高さがピックアップされがちですが、正しい日本語を使うことも大切です。

 

今日は、仕事において意外と間違って使われている日本語を紹介していきます。あなたも、チェックしてみましょう。

 

ビジネスの場において、砕けた言葉や若者言葉を使うのは好ましくありません。私も、気を抜くとついつい砕けた言葉を使ってしまうので気をつけなくてはいけません。

その言葉が、あなたや会社のイメージダウンに繋がったり、ビジネスの信用を下げてしまうこともあります。そこで、つい使ってしまいがちないくつかのフレーズを紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

【普通に〇〇】

上司への業務報告で、「普通に問題はないと思いますが…」や、取引先との接待などで「普通においしいです」などと言っていませんか?

使っている本人は、お世辞や建前でなく【本心】という気持ちを込めて【普通に〇〇】と使っているかもしれませんが、この言葉は若者言葉です。【普通】ということは、【大したことない】と思われるかもしれません。

 

正しくは、【確かに問題はないと思いますが…】や【本当においしいです】と言うのが正解です。

 

【半端なく〇〇】

驚きや感心するあまり、つい使ってしまいそうな【半端なく凄い!】などの言葉は、正確には【半端ではない】となります。このような言葉の省略は、品格ダウンにつながるのでビジネスの場では避けましょう。

 

【〇〇じゃないですか~】

電話応対などでよく出てしまう、【~じゃ】は、砕けた言葉遣いになります。こういう場では、【~では】に置き換えるように意識しましょう。

例えば、【~ではありませんか?】【~ではないでしょうか?】と言うようにしましょう。

 

【わたし(たち)…】

一見、どこがか違っているのかわかりませんが、このような場で使うのは【わたくし】です。また、複数形にするときは【ども】をつけて【わたくしども】とつけましょう。

 

 【~大丈夫ですか?】

これから予定大丈夫ですか?】などの、何でも【大丈夫】の一言で済ませようとしている人がいます。ビジネスの場では、【ご都合いかがでしょうか?】などその時の状況に合わせて使い分けることが大切です。

 

 

あなたの敬語は【過剰敬語】になっていませんか?

砕けた言葉やきちんとした敬語を意識するあまり、過剰な敬語になっていませんか?

過剰な敬語は、文法上の間違いだけではなく、卑屈な印象を与えてしまうものです。では、つい使ってしまいがちな過剰敬語を紹介していきましょう。

 

【~がお話になられます。】

お~になる】と言う尊敬表現を使った上に、【~れる】と言う尊敬の助動詞も使っており尊敬表現が重複しています。このような場合は、どちらかだけを採用して【お話になります】【話されます】とすればよいでしょう。

 

【何とおっしゃられましたか?】

これは、【おっしゃる】と【~れる】が重複した過剰敬語です。

おっしゃるは、言うの尊敬語でこのような場合は、【おっしゃっいましたか?】や【言われましたか】のどちらかにしましょう。

 

【拝見申し上げます。】

謙譲語の【拝見する】と【~申し上げる】の2つが重なっています。ビジネスメールなどでよく使いがちですが、【拝見します】で大丈夫です。

 

【本日はご高説を拝聴し、恐縮至極に存じます】

あらたまった挨拶をしようと張り切った結果、このような文章になる人がいます。

固すぎる挨拶や身の丈に合わない表現は違和感しかありません。

本日は貴重なお話をありがとうございました。」と心を込めて言えれば、経緯や感謝はきちんと伝わります。

 

【私事ですが、先日。結婚させていただきました。】

上司などに報告するときに、このような表現をする人が多いですが、これはNGです。

~させていただく」と言った表現は、相手に許しをもらって行動する際に用いるものだからです。上司や会社に許しをもらって結婚するわけではないので、【結婚しました】で充分です。

 

 

最後に…

正しい言葉使いは、品格や知性、教養を感じさせます。同じ内容を伝えるにしても、言葉使いが正しい方が説得力があります。また、言葉使いに自信があれば、初対面の人や目上の人とでも臆することなくコミュニケーションをとることができるはずです。

これにより、ビジネスの幅や人脈が広がっていくことでしょう。

今日の記事のように、品格を下げるような言葉使いと、過剰敬語に気を付けて明日から言葉のレベルアップをはかりましょう。