就職や転職活動に役に立つブログ

就職、転職活動を中心にビジネスやマネーに関する事を書いて行きたいと思います。

バカにできない5月病。してはいけない事とすべき事

f:id:miumaga:20180510210559j:plain

 

新年度になり、新入社員も入ってきて約1か月【心機一転!新たな気持ちで頑張るぞ!】と意気こんでいた人も、今ではモチベーションが落ちてしまったと言う人も少なくないでしょう。

 

テンションが下がっても、仕事に支障がなければ良いのですが、ゴールデンウィークも終わり気分が憂鬱で支障をきたしていませんか?

 

そんなあなたは【5月病】かもしれません。

 

今回は、そんな5月病について書いてみたいと思います。

<スポンサードリンク>

 

そもそも5月病って何?

4月は新しい環境でやる気を出すぞと、張り切っている状態でした。しかし、1か月もたつと、新たに立てた目標や思い描いていた理想と現実のギャップに気が付き始めます。

 

そうなるとふと糸が切れたようにやる気がなくなることがあります。4月に張り切っていればいるほど、その反動で落ち込んでしまいます。

 

一本的には、大型連休によって会社に行きたくないと考えられますが、4月で必要以上に張り切っていた部分が、連休を挟むことによってフラットに戻ることによって、その落差を感じているとも考えられます。

現実に戻った事で、4月のように再度やる気を出すと言うのは非常に難しいでしょう。

 

このような状態を【5月病】と呼んでいますが、正式な名称は環境に適応できないことによる一時的なうつ状態・意欲低下状態と呼ばれています。

よって、5月以外でもこうした症状が起きますが、環境になじめないストレスがたまりやすいこの時期が一番起きやすいということで『5月病』と呼ばれます。

 

結論から言うと、5月病とはうつ状態と同じなのです。

そう考えると、5月病にかかった人に対して、気軽に【5月病じゃないのか~?】と言えませんね。

 

 

5月病チェックリスト

 

  • 朝早く目が覚めるが気持ちが沈んでいることが多い
  • 食欲がわかない、落ちたと感じる
  • 仕事や人間関係について悩んでいる
  • 会社に行きたくない、辞めたいと感じる
  • 自分の事を「ダメだ」と落ち込んだり、憤りを感じたりすることが多い
  • やりたいことや目標を見失ってやる気が出ない
  • 他人と会ったり、話をしたりするのが面倒くさいと感じる
  • 身だしなみを整えるのも面倒だと感じて手抜きをするようになった
  • なんとなくだるいと感じる
  • 集中力が落ちてイライラしやすくなった

 

以上の項目が、

 

1~2個の場合…今のところ問題ないようです。

3~6個の場合…注意が必要。リフレッシュを図り気持ちを整えましょう。

7~10個の場合…かなり深刻です。つらい時は専門医で受診しましょう。

 

<スポンサードリンク>

 

 

5月病の人が居たらどうしたらよいのか?

5月病はうつ状態です。からかい半分で声を掛けず、相手をやさしく肯定してあげましょう。新入社員に対して、【そろそろ慣れた?】と聞いてしまいがちですが、うつ状態の人に対しては、【まだ慣れない事もあるけど、ゆっくりこなしていけば大丈夫だよ】と言ってあげましょう。


慣れた?】と言う言葉に対して気まずそうにしている人や歯切れの悪い人には、前向きな言葉をかけてあげるとよいでしょう。落ち込んでいる人に対しては、なかなか声を掛けずらいかもしれませんが、率先して声をかけることは大切な事です。

 

では、自分が同僚等に愚痴や悩みを打ち明けられたらどう接したらよいのでしょうか?

 

まずは、愚痴を聞いてあげて、その内容が自分を責める言葉が多いようなら、【あなたが頑張っていることは分かっているから、大丈夫だよ】と言ってあげましょう。

その上で、気分転換に別の話題を振ってあげましょう。話題が変わらないようなら、相手を認めてあげる言葉をかけてあげましょう。

 

 

5月病は治すことが出来るのか?

5月病を直すのは自分に対して厳しくないことが一番なのですが、5月病になる人は、とてもまじめな人が多い傾向にあります。『ちゃんとしなければ』と思うほど自分を追い込んでしまい、『5月病』では済まなくなることもあります。

 

新しい環境に期待に胸が膨らみがちですが、いい意味で期待しすぎないことが大切だと思います。

 

 

何事も、気分の切り替えが重要です。

自分を長い目で見守る余裕をもって、新しい環境に挑んでいけるといいと思います。

何事もまじめになりすぎず、期待し過ぎず、適度に自分を甘やかし、人にも自分にも優しくすることで5月病は撃退できはずです。

 

あなたの周りに最近元気がないなと思える同僚がいたときには、そっと話を聞いてあげてみましょう。