就職や転職活動に役に立つブログ

就職、転職活動を中心にビジネスやマネーに関する事を書いて行きたいと思います。

仕事の人間関係が上手くいかなくて辞めたいけどやめられない人へ

f:id:miumaga:20180522211247p:plain

仕事をやめたいと思う理由に職場の人間関係が常に上位にランクインしています。

 

簡単に辞められれば、そんなストレスフルの状態で働かなくてよいのですが、生きていくためにお金は稼がなければいけないので、我慢して働いている人も多いのではないのでしょうか?

 

しかし、一度考えてみてください。

 

あなたは、なぜ働いていますか?

 

働く目的は何ですか??

<スポンサードリンク>

 

働くことはお金が全てではない

職場で人間関係が悪くなると、仕事に求めるものがお金だけになってしまいがちです。

そこにやりがいなんてありません。

 

たしかに生きていくためにはお金は必要です。しかし、お金は生きていく手段であって、目的ではありません。お金のために割り切って、ストレスフルで働く意味なんてありません。我慢した先に、良い未来なんてありません。

 

 

お金のために割り切る前に、まずはお金について勉強をしてみてください。

お金がたくさんあれば何でもできると思うでしょうが、実は生きていくうえで必要なお金をする事が出来れば、お金に縛られることが無くなる方法がある事が分かります。

少ないお金で幸せになる方法もきっと見つかるはずです。

 

また、自分の行動パターンを振り返ることにより、モノの価値基準や浪費体質が見えてきて、自分の【いらないもの】と【必要なもの】が分かってくるようになります。

 

 

人は幸せに生きるのであって、お金のために生きるのもではありません。

今の職場を辞めれば、収入が減るかもしれませんが、上記のようにお金に対する考え方を変えて工夫して行けば、暮らしていけますし、幸せな気持ちにもなれるのです。

 

 

どの会社にも必ず一人は嫌な人はいるものです。自分の視野を少し広げてみると、自分の味方になってくれる人も必ずいるはずです。たまに、給料は安いのになぜか長年働き続けている人に会います。

その人にどうして給料が安いのに働き続けるのか?と聞くと、職場の人たちがとてもいい人でお金では測れないものがこの会社にはあると言っていました。

 

自分のためじゃなく、同僚や上司・社長のために働いていると言ってました。

楽しく仕事している人の中には、お客さんの喜ぶ顔を見るために働いていると言うのも良く聞きます。

 

わたしも20代の頃は、お金のため、自分のために働いていました。しかし、30代・40代となり家族を持つようになると、家族のためはもちろんですが、仕事を通じて何か人の役に立ちたいと思うようになりました。

 

そのような心境で仕事をしていると、不思議と人から人へと仕事を頂けるようになった気がします。

他の人に貢献することによって、その対価としてお金が得られると言うのが商売の基本です。自分が幸せに働くためには、人や社会の役に立っているという実感が大切なのかなと最近思うようになりました。

 

f:id:miumaga:20180522211354p:plain

働くとは何だろう?

あなたは働くことについて、考えてみたことってありますか?

ほとんどの人は、お金を稼ぐために仕方がなく働いていると答えるでしょう。

働かなくても良いならだれでも働きたくはありません。人生の中で20〜60代という、1番気力も体力も充実している時に、最も働かなくてはいけません。

 

20代~60代、人生80年とすれば、半分は仕事をしなくていけません。どうせ働かなくてはいけないのだから、その時間をお金の奴隷になって働く時間にするか、楽しく幸せにするかはあなたの考えかた次第です。

 

 

40年と言う長い時間を走るわけですから、ふと立ち止まって仕事について一度考える時間を持つとよいでしょう。何度だって立ち止まってもいいのです。

人によって考え方は違うので、色々な選択肢があると思います。その答えが、自分が納得していることが大切です。