就職や転職活動に役に立つブログ

就職、転職活動を中心にビジネスやマネーに関する事を書いて行きたいと思います。

転職活動の準備と流れ ②

f:id:miumaga:20180617093213j:plain

其の一で自己分析が終わったら、求人の情報収集を開始しましょう。

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com

一口に情報収集と言っても、膨大な情報を効率よく集める必要があります。最近では、希望に沿った求人をお知らせしてくれるメールサービスや企業からのオファーなどの便利ツールがありますので積極的に取り入れることをお勧めします。

 

情報を収集するときでも、【転職の目的】や【活かしたい経験】などの自分なりの軸をもってアンテナを張り続けましょう。

 

<スポンサードリンク>

 

求人情報の検索

転職を成功させるには、まずは求人情報を検索する必要があります。

最初からここと決める必要はありません。仕事内容を含めてより希望に沿った求人を見つけて、転職可能性を広げるためにも、まずは目についた求人をチェックしていきましょう。

自分の活かしたい経験や転職の目的に合わせて希望や条件に優先順位を見つけておくことで、応募すべき企業や求人が絞りやすくなります。

 

異種業への転職を考えている場合

異業種への転職を考えている場合は、業界の知識が少ないと企業の知名度やイメージに目が行きがちになります。仕事内容やキャリアの発展性など、自分のコンガを考えるうえで重要視したいことを調べてみましょう。

転職サイトなどで公開されている求人の中には、非公開の求人が数多く存在します。

個人で出会える求人にも限界がありますので、転職支援エージェントなどの転職のプロに相談することもお勧めです。


<スポンサードリンク>

 

 

業界の動向を探る

就職活動でも同じですが、希望する業界動向は採用動向とも密接な関係にあります。

希望する業界がの景気があまりよろしくないと、採用も抑えている傾向にあります。希望する業界や気になる職種がある場合は、やみくもに求人を探すのではなく、その業界が現在どのような状況になっているのかを確認しておくとよいでしょう。

 

待ち受け型サービスの利用を考える

現職が忙しくて転職するにも中々、情報収集ができない人は、待ち受け型サービスを使うと便利です。転職を専門に扱っているサイトなどでは、登録者の情報を元に、その人の希望にある求人をお知らせするメールサービスやあなたの情報を見て興味を持った企業からメールが送られてくるサービスがあります。

まずは、転職サイトに登録してみて、送られてくるメールで情報収集を行うのも良いでしょう。

 

たくさんの情報を集めて転職の理由や希望を明確にする

たくさんの情報を見ていると、自身の転職理由や希望が明確になっていきます。

気になった求人が見つかったら、【どうして気になったか?】をノートに書き留めておくとよいでしょう。企業のアプローチが来たら、どうして来たのかを検証すると自分の強みも見えてきます。

 

 

以上のように、最近ではオフラインでの行動の他に、オンラインでの転職活動もできる世の中になっています。全て、ネットでするわけではありませんが、情報収集はスマホやパソコンなどで気軽に収集できるようになっています。

 

私が、転職を経験した時は、アナログで収集しなければいけなかったので大変でした。

当時このような環境にあったら、少しは違った結果になっていたかもしれませんね。

 

次のステップでは、書類作成について書いてみたいと思います。

syu-katu-tensyoku.hatenablog.com